おすすめのスマホ・PC・ガジェット情報を中心におとどけします

sysnishi(しすにし)

PC・モバイル・ガジェット

Oneplus 6T レビュー|コスパ最強で爆速顔認証・高品質カメラ搭載のサクサクスマホ【ドコモDSDS対応】

更新日:

Oneplus 6T レビュー|コスパ最強で爆速顔認証・高品質カメラ搭載のサクサクスマホ【ドコモDSDS対応】

長らく使用していたスマホ「ZenFone 3」から乗り換え候補の厳選を重ね、ついに新スマホへ乗り換えました。

乗り換え先はOPPO傘下のスマートフォンメーカーOnePlusの「OnePlus 6T」。

動きサクサクでカメラも優秀、水滴ノッチやディスプレイ指紋認証など素晴らしい機能を搭載しながらも価格はしっかり抑えるコスパ最高で消費者に優しいスマホになっています。

この機種に変えてよかっ、と思えるとても良い機種ですよ!

今回は自信をもっておすすめできるスマホ「OnePlus 6T」をレビューしましたのでご紹介します。

6+128GBモデル

OnePlus 6T (6GB RAM/128GB ROM)

created by Rinker

 

8+128GBモデル|ボクが使用中のモデル!

OnePlus 6T (8GB RAM/128GB ROM)

created by Rinker
ボクもこのモデルを使用中です!

 

今回は公式サイトOneplus.comから転送業者のスピアネット経由で自宅に届きました。

購入時の記事はこちら

Oneplus 6Tを公式サイト(Oneplus.com)から購入してみた【スピアネット経由】

先日ついに携帯をOneplus 6Tに切り替えました。 Zenfone 3からの乗り換えなのですが、はっきり言って最高すぎます。アプリがレスポンスよく起動、切り替わるだけでストレスは激減です。 とまぁ ...

続きを見る

 

OnePlus 6Tの主要スペック

OnePlus 6Tの主なスペックは以下のとおりです。

フラッグシップキラーにふさわしい、素晴らしいスペックになっています!
OSAndroid 9.0(Oxygen OS)
CPUSnapdragon 845
メモリ6/8GB
ディスプレイ6.41インチ 19.5:9 Full HD+ AMOLED
カメラメイン:16MP+ 20MP
前面:16MP
内蔵ストレージ128/256GB
縦横サイズ157.5 x 74.8mm
厚さ8.2 mm
重量185g
Wi-Fi11a/b/g/n/ac 2.4 & 5GHz
バッテリー容量3,700mAh
防水生活防水程度
Bluetooth5.0
NFC
DSDS対応
対応バンド3大キャリア対応
※auの3Gは微妙
その他Qi非対応
イヤホンジャック無

 

OnePlus 6Tの外観・付属品をチェック

まずは外観や付属品周りをチェックしていきます。

OnePlus 6Tは最先端の水滴ノッチディスプレイ搭載

OnePlus 6Tは水滴ノッチを搭載しており、通常のノッチよりもノッチサイズが非常に小さいです。

もちろん、画面占有率ではXiaomi Mi Mix 3のスライドデザインやOnePlus 7 Proのようなポップアップフロントカメラによる全画面ディスプレイにはかないません。

そのかわり、ギミックが少なく故障には強い(気がする)ので個人的にはOnePlus 6Tの方が好みです。

OnePlus 6Tは初めから日本語対応

 

OnePlus 6Tなら保護フィルムが最初から!

ディスプレイには保護フィルムが最初から貼られています。

ディスプレイの保護をさらに高めたり滑りを良くしたい場合にはガラスフィルムの購入がおすすめ。

最高のクオリティをお求めなら公式のガラスフィルム。ディスプレイとのかぶりがなく素晴らしい品質です。

(貼って2日ででこぼこのアスファルトに落下させてしまい貼りかえましたが・・・)

 

公式のフィルムはクオリティが高いですが値段もちょっと高いので、安くていいガラスフィルムを探しています。

今は割れてしまった公式フィルムの代わりにコチラを使用しているのですが、左右が液晶と若干かぶってしまっているのがちょっと残念。

↓のフィルムを今度買って試そうかと検討中です。

 

OnePlus 6Tの背面カメラはボケも決まって超優秀

背面はカメラがでっぱっています。付属のケースを使うか別途ケースを購入して使用するのが気持ち的に安定するでしょう。

Oneplus 6Tの背面は指紋認証がありません

 

背面カメラはOnePlus 6と同じくデュアルレンズ構成です。

綺麗な写真やボケを活かした写真が簡単に撮れるので子どもと出かけるときに一眼レフを持ち出すことが減りました。

 

カメラアプリも優秀で、通常モード・ビデオモード・ポートレートモード(ボケを活かすモード)・夜間モード(夜景の撮影におすすめ)を簡単に切り替えサッと撮影できます。

画質もとても綺麗で大満足!

 

ボクは見栄えと堅牢性を高めるために公式のバンパーケース(カーボン)を購入しました。

この模様が最高・・・!

Oneplus 6T 箱の外観とバンパーケース(カーボン)

 

付属品一式

付属品はコチラです。に標準でTPUケースがあるので本体を買うだけである程度の保護状態が手に入ります。

OnePlus 6のものに比べて電源アダプタがスリム化しており、電源タップで隣のコンセントと干渉しないのがいいですね。

Oneplus 6Tの付属品たち

付属品一覧

  • TPUケース
  • 電源アダプタ
  • 充電ケーブル
  • USB-C - 3.5mmイヤホンジャック変換アダプタ
  • SIMトレイピン
  • ステッカー

 

OnePlus 6までは背面に指紋認証センサーが搭載されていましたが、OnePlus 6Tではディスプレイ指紋認証が搭載されています。

机に置いたままでも指紋認証によるロック解除ができるなどのメリットがある反面、認証精度が悪い時があるのが少々残念なところ。

Oneplus 6Tのディスプレイ指紋認証

 

OnePlus 6Tの機能・性能をチェック

もうOnePlus 6Tから前のスマホには戻れない、圧倒的なサクサク感

OnePlus 6TはハイエンドCPU「Snapdragon 845」を搭載しています。

発売時点で最新・最高スペックのCPUモデルには文句のつけようがありません。

これまでASUSのZenfone 3を2年ちょっと使いつづけた後のOnePlus 6Tへの機種変更となりましたが、とにかくサクサク感がケタ違いです。

圧倒的なCPUスペックの違いを見せつけられました。ストレスとはまさに無縁。

思った操作が思ったとおりにできることの気持ちよさを実感できます。

 

OnePlus 6Tなら最大8GBのメモリを最大限に使いこなせる

メモリは6GBと8GBのモデルがありますが、ボクが使っているのは8GBのモデルです。

メモリは最低でも4GBは必要と言われていますが、最近はそれよりも大容量メモリが必要と感じています。

実際のところ、ボクの平均メモリ使用量は4GBを超えている状態。

Oneplus 6Tのメモリ使用状況

ブログを書いたり音楽を聴いたり漫画を読んだりLINE、twitter使ったり・・・といった使い方でも、並列でアプリを起動しておくには結構なメモリをします。

最近のAndroidならできれば6GB以上は欲しいところです。

 

ユーティリティOneplus研究所というメニューの中に、スマート起動の設定があります。(デフォルトON)

大容量のRAMを最大限に活用してくれるので、アプリ切替時のストレスはほぼ皆無です。

Oneplus 6Tのスマート起動モードの設定

 

OnePlus 6Tはロングバッテリー!

OnePlus 6Tはイヤホンジャックの機構をなくしましたが、それと引換に3,700mAhの大容量バッテリーを搭載。

Oneplus 6Tのバッテリー持ちがすごすぎる

たまに動画を見たり、マンガを読みまくったりネットサーフィンをしまくっても一日中バッテリーがもってくれます

動画を見まくったりゲームをやりまくったりといった使い方の場合はさすがにバッテリーがもちませんのでモバイルバッテリーを併用することになるでしょう。

サラリーマンの普段使いならまずバッテリーで困ることありません!

 

GSMArenaでのバッテリーテスト結果も90hと好成績を残しています。

 

電池の最適化のメニューからさらに3点メニュー「高度な最適化」のメニュー画面に進むことができます。

現在はまだ有効にするとどうなるか試していませんが、バッテリーの持ちが心配になってきたら、「詳細な最適化」を試してみる価値はありそうです。

Oneplus 6Tで更なるバッテリーの向上を目指すなら「スリープスタンバイの最適化」

 

バックグラウンド通信をさせる必要のないアプリの通信制限設定をしたらバッテリー持ちはさらに向上しそうです。

 

OnePlus 6Tの急速充電は独自規格Dash Chargeのみ対応

Oneplus 6Tは独自規格Dash Chargeによる急速充電に対応しています。

朝に1時間ぐらい充電すれば100%近くまで回復してくれるスゴいヤツ。

5V x 4.0Aの最高20Wでの充電が可能です。

 

ただし、Dash Charge以外の急速充電には対応しておらず、Dash Chargeでの充電には付属の専用電源アダプタを使う必要があります。

 

圧倒的なバッテリー持ちのためモバイルバッテリーの出番はほとんどないですが、モバイルバッテリーでの充電速度は急速にはならない点にはご注意ください。

 

OnePlus 6TはFOMA+格安SIMのDSDSにバッチリ対応!

ボクの機種変更の条件の一つが「FOMAと格安SIMでのDSDSができる」こと。

Oneplus 6Tも問題なくFOMAと格安SIMのDSDSで使えています

たぶんCPUがSnapdragon 845の機種ならDSDS運用は問題なしかと。

ドコモで快適に使うためには当然ドコモの主要バンドへの対応が必須ですが、OnePlus 6Tはバッチリです。

Oneplus 6Tの対応バンドは以下のとおり。

OnePlus 6Tの対応バンド

4GFDD-LTEB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 /B13 / B17 /
B18 / B19 / B20 / B25 / B26 / B28 / B29 / B30 / B32 / B66 / B71
TD-LTEB34 / B38 / B39 / B40 / B41 / B46
3GWCDMAB1 / B2 / B4 / B5 / B8 / B9 / B19
TD-SCDMAB34 / B39
CDMA EVDOBC0 / BC1

 

Oneplus 6Tレビューまとめ

Oneplus 6TはハイエンドCPUSnapdragon 845」を搭載し、メモリも最大8GBが選べるサクサクハイスペックスマホです。

大容量バッテリーは1日余裕でもちますし、独自の急速充電規格Dash Chargeあっという間に満充電になってくれます。

水滴ノッチ、ディスプレイ指紋認証を採用する最先端のスマホですが、FOMA+格安SIMDSDSにもしっかり対応。

カメラは綺麗でボケもバッチリ決まり、夜景モードも備えた死角のないスマホですよ。

そのうえコストをおさえて財布にやさしい素晴らしい製品になっています。

 

6+128GBモデル

OnePlus 6T (6GB RAM/128GB ROM)

created by Rinker

 

8+128GBモデル|ボクが使用中のモデル!

OnePlus 6T (8GB RAM/128GB ROM)

created by Rinker
ボクもこのモデルを使用中です!

この記事もおすすめ!

OnePlus 7|コスパ最強を維持しつつ高性能カメラ・UFS3.0高速ストレージなどOnePlus 6Tから着実に進化したスマホ! 1

OnePlusから新たにOnePlus 7シリーズが発表されました。 本シリーズではじめてOnePlus 7(無印)とOnePlus 7 Proの2種類のモデルが出ています。 コスパ維持のOnePlu ...

Xiaomi Mi Mix 3 2

お手頃価格で素晴らしい性能のスマホを提供するXiaomiから新型スマホ『Mi Mix 3』が発表されました。 前作の「Xiaomi Mi Mix 2」に引き続き、かなりの高コスパでとても魅力的な製品と ...

Oneplus 6T レビュー|コスパ最強で爆速顔認証・高品質カメラ搭載のサクサクスマホ【ドコモDSDS対応】 3

長らく使用していたスマホ「ZenFone 3」から乗り換え候補の厳選を重ね、ついに新スマホへ乗り換えました。 乗り換え先はOPPO傘下のスマートフォンメーカーOnePlusの「OnePlus 6T」。 ...

【Mi Band 3レビュー】Xiaomiのコスパ最高・バッテリー持ち最高、そして超便利なスマートウォッチが届いたよ!【20ドル台で買える】 4

みなさんはスマートウォッチはお持ちですか?腕時計は人によって趣味が分かれそうなところですよね。 かくいうボクも、ズボラな体質ゆえ、腕時計もメンテナンスフリーなソーラー電波タイプの腕時計を愛用していまし ...

5

OnePlus 6や6T、Mi Mix3のように現時点で最新・最高のCPU「Snapdragon 845」を積んでいる超サクサクなスマホがありますが、もちろんCPUの性能が高ければ、それに応じて価格は ...

-PC・モバイル・ガジェット

Copyright© sysnishi(しすにし) , 2019 All Rights Reserved.