PC・モバイル・ガジェット

OnePlus 8 Pro発売!|現状最高性能で初のワイヤレス充電対応、ドコモ5G対応の中国版が狙い目!

OnePlus 8 Pro発売!|現状最高性能で初のワイヤレス充電対応、ドコモ5G対応の中国版が狙い目!

最高のスマホを追い求めるなかで注目を外せないスマホメーカー「OnePlus」。

ボクもOnePlus 6Tがまだまだ現役です!

そのOnePlusから新たに『OnePlus 8』シリーズが発表・発売されました。

今回は新シリーズのなかから初のワイヤレス充電に対応するなど素晴らしい進化を果たした「OnePlus 8 Pro」をご紹介します。

OnePlus 8 Proのスペックを確認!

OnePlus 8 Proの主要なスペックは以下のとおり。

サイズ感としては縦が165.3mmと長めになっており片手で全体を操作するのは厳しそうですが、横幅はほぼ変わらずで持ちやすそうな印象です。

OS Android 10 (Oxygen OS)
CPU Snapdragon 865
メモリ 8/12GB LPDDR5
ディスプレイ 6.78インチ 19.8:9 QHD+
リフレッシュレート120Hz Fluid AMOLED
リアカメラ 4眼
メイン48MP、ズーム8MP、ワイド48MP、カラーフィルタ5MP
フロントカメラ 16MP
内蔵ストレージ 128/256GB UFS3.0 2-LANE
縦横サイズ 165.3 x 74.3mm
厚さ 8.5 mm
重量 199g
カラバリ グレイシャルグリーン
ウルトラマリンブルー
オニキスブラック
Wi-Fi 11a/b/g/n/ac/ax 2.4 & 5GHz 2×2 MIMO
バッテリー容量 4,510mAh 30W(5V/6A)急速充電
ロック解除 顔認証/ディスプレイ指紋認証
ポート USB 3.1 GEN1/Type-C
防水 IP68
Bluetooth 5.1
NFC
DSDS 対応
対応バンド 3大キャリア対応
5Gは日本のバンドに非対応
その他 デュアルステレオスピーカー
OnePlusシリーズ初の無線充電対応(30W)

 

OnePlus 8 Proの外観・画面・カメラをチェック

OnePlus 8 Proの外観周りに注目していきたいと思います。

最高クラスのディスプレイと素晴らしいカメラに仕上がってるぞ!

120Hzディスプレイとパンチホールの最高ディスプレイ

120Hzディスプレイとパンチホールの最高ディスプレイ

OnePlus 8 Proは6.78インチの大画面QHD+、リフレッシュレート最大120Hz高精細ヌルヌルディスプレイを搭載。

スムーズなスクロールと動画再生を実現しています。

通常のスマホの60Hzの倍のリフレッシュレートを体験するともう元のスマホに戻る気持ちは消え失せてしまいそうです。

フロントカメラはOnePlus 7T Proのポップアップ式とは異なり左上にパンチホールの形で搭載。

ギミックが少なく顔認証にさっと使える形のデザインは個人的に大歓迎です。

 

ダブル48MPを含む4眼リアカメラと16MPフロントカメラ

ダブル48MPを含む4眼リアカメラと16MPフロントカメラ

リアカメラはメインにIMX689 48MPと超広角レンズにIMX586 48MPのダブル48MPのダブル48MP構成に加え、8MPのズームレンズと5MPのカラーフィルタレンズの4眼構成です。

フロントカメラはOnePlus 7T Proと同じIMX471 16MPのセンサ搭載ですが、レンズのf値が異なっています。(8 Pro:f/2.45、7T Pro:f/2.0)

超広角カメラのパワーアップは魅力的ですね。通常アングルだけではなくワイドアングルにも強くなりました。

 

独特の3色カラーバリエーション

独特の3色カラーバリエーション

OnePlus 8 Proのカラーバリエーションは以下の3種類です。

必要なモノ

  • グレイシャルグリーン
  • ウルトラマリンブルー
  • オニキスブラック

目を引くのはウルトラマリンブルーの真っ青なカラー。

なかなか他に見かけないカラーリングだと思います。

 

OnePlus 8 Proの性能・通信をチェック

続いて気になる性能面や通信面を確認していきます。

現状最強性能ですが5Gを使いたい方はこの機種を避けた方がいいでしょう。

OnePlus 8 Proのパフォーマンスは現状最強クラス

OnePlus 8 Proのパフォーマンスは現状最強クラス

CPUには現状最高の「Snapdragon 865」を搭載し、メモリもOnePlus 7Tシリーズに搭載の「LPDDR4X」から約30%性能向上した「LPDDR5」を採用。

またストレージの書き込み性能も最適化・スピードアップを果たし、さらに快適さを増しています。

Snapdragon 865搭載スマホのAntutuスコアは55~60万で、1世代前のSnapdragon 855(約43万)から10万以上、ボクが使用中のOnePlus 6T搭載のSnapdragon 845(約29万)とは倍ほどの差です。

メモリの選択肢はこれまでと変化なく、8GB or 12GBから選択可能。

特に迅速な反応スピードが要求されるスマホゲームをプレイされる方にとってはより最強の環境が手に入るでしょう。

 

OnePlusシリーズ初のワイヤレス充電対応で4,510mAhのバッテリーを超高速充電

OnePlusシリーズ初のワイヤレス充電に対応、しかも超高速!

OnePlus 8 ProはOnePlus史上初のワイヤレス充電に対応。

「Warp Charge 30 Wireless」と呼ばれる独自の超急速充電規格に対応し、たった30分で1%から50%まで充電できます。

急速ワイヤレス充電は別売りの専用チャージャーの購入が必要です。

通常のQi規格(5W、10W)にも対応しているようなので安心。

参考The OnePlus 8 Pro and its wireless charger support normal Qi charging, tooAndroid Police

また、有線での充電についても同梱の専用アダプタによる独自の充電規格「Warp Charge 30T」に対応しており、こちらはなんと23分で50%まで充電できてしまいます。

バッテリー容量は超大容量の4,510mAhであるにもかかわらずすばらしい充電スピードです。

 

4Gは3大キャリア対応、5Gは非対応。Wi-Fi 6は当然対応

OnePlus 8 Proは3大キャリアの3G、4Gに完全対応しています。

これまでのOnePlusシリーズと変わらず安心です。

一方、5Gについては残念ながら日本に割り当てられた周波数帯には対応していません。

中国版の場合5Gに一部対応していますが5Gのために買うのは避けた方が良いでしょう。

まだまだ5Gはカバーエリアも狭く実用的ではありませんのであまり気にする必要はないかもしれませんね。

OnePlus 8 Proの対応バンド

5G   n2 / n5 / n66 / n41 / n71
4G FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 66 / 71
TD-LTE B34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 46 / 48
3G WCDMA B1 / B2 / B4 / B5 / B8 / B9 / B19
CDMA BC0 / BC1 / BC10

 

Wi-Fiについては最新規格のIEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)に対応。

ルータが同規格に対応していてなおかつ回線が高速なプランであればその恩恵を享受できるでしょうが、まだそれを活かせる環境にある人は少ないのではないでしょうか。

OnePlus 8 Proまとめ

今回は「OnePlus 8 Pro発売!|現状最高性能でワイヤレス充電対応、でも5G非対応が残念・・・」について書きました。

OnePlusシリーズで初めてワイヤレス充電に対応し、性能は現状最高のものに仕上がっています。

5Gモデムも搭載していますが残念ながら日本の周波数帯域には非対応・・・。

それを除けばバッテリー容量も多くカメラも7T Proからグレードアップし、OnePlus史上最強のスマホと言えるでしょう。

この記事もおすすめ!

Mi Band 5パッケージ 1

こんにちは、Mi BandシリーズをMi Band 3の時代から愛用しているしすにし(@sysnishi)です。 つい先日リーズナブルで生活を快適・便利にするスマートウォッチ「Mi Band』の新シリ ...

OnePlus 7T|トリプルレンズ、30W超急速充電対応背面デザインも一新された2019年ベストバイスマホ! 2

  2019年9月26日にOnePlusシリーズのニューモデル『OnePlus 7T』が発表されました。 OnePlus 7TはOnePlus 7からカメラやバッテリー周りなど順当に進化を遂 ...

Xiaomi Mi Note 10|異次元の108MPカメラ搭載・全キャリア対応のおすすめスマホ! 3

ついにXiaomiが日本に進出しましたね! 今回は日本進出と合わせAmazonでも販売を開始したコスパ最強スマホ『Mi Note 10』をご紹介します。 今「どのスマホがおすすめ?」って聞かれたら真っ ...

OnePlus 7|コスパ最強を維持しつつ高性能カメラ・UFS3.0高速ストレージなどOnePlus 6Tから着実に進化したスマホ! 4

OnePlusから新たにOnePlus 7シリーズが発表されました。 本シリーズではじめてOnePlus 7(無印)とOnePlus 7 Proの2種類のモデルが出ています。 コスパ維持のOnePlu ...

Xiaomi Mi Mix 3 5

お手頃価格で素晴らしい性能のスマホを提供するXiaomiから新型スマホ『Mi Mix 3』が発表されました。 前作の「Xiaomi Mi Mix 2」に引き続き、かなりの高コスパでとても魅力的な製品と ...

Oneplus 6T レビュー|コスパ最強で爆速顔認証・高品質カメラ搭載のサクサクスマホ【ドコモDSDS対応】 6

長らく使用していたスマホ「ZenFone 3」から乗り換え候補の厳選を重ね、ついに新スマホへ乗り換えました。 乗り換え先はOPPO傘下のスマートフォンメーカーOnePlusの「OnePlus 6T」。 ...

7

OnePlus 6や6T、Mi Mix3のように現時点で最新・最高のCPU「Snapdragon 845」を積んでいる超サクサクなスマホがありますが、もちろんCPUの性能が高ければ、それに応じて価格は ...

-PC・モバイル・ガジェット

© 2020 sysnishi(しすにし)