PC・モバイル・ガジェット

logicool M590レビュー|静音・バッテリー長持ち・Bluetooth4.0対応のコスパ最強おすすめマウスはこれしかない!

logicool M590レビュー|静音・バッテリー長持ち・Bluetooth4.0対応のコスパ最強おすすめマウスはこれしかない!

PC環境の強化のためイイ小物をそろえようと考えた結果、マウスを静音タイプのものに買い替えることにしました。

どこでPCを使うにもクリック音は気になってしまいますよね・・・

好みの条件で調べに調べた結果購入したのはlogicoolの「M590 Silent Wireless Mouse」です。

というわけで今回は、静音・Bluetooth 4.0 & 2.4GHz無線対応・バッテリーが2年もつコスパ最強マウス「logicool M590」をレビュー!

 

logicool M590の基本スペック

logicool M590の基本的なスペックは以下のとおりです。

単三乾電池1本で最大2年の電池もち、素晴らしい!
項目
本体サイズ103mm x 64mm x 40mm
重量101g
接続方式Bluetooth / Unifying 2.4GHz
バッテリー持ち最大2年
総ボタン数7個
使用電池単三乾電池1本
カラーグラファイト トーナル / ミッドグレイ トーナル / ルビー

 

logicool M590は重量約100gのミドルサイズ

logicool M590の重さは電池込みで101g。標準的な有線マウスとほぼ同等クラスです。

持ち歩くのも大丈夫な大きさではないでしょうか。

M590は重量101g

 

logicool M590は高機能7ボタン搭載

logicool M590は左右クリック、マウスホイールのクリック以外にマウスホイールの左右スクロールボタン、左側面にブラウザの「戻る」・「進む」ボタンを搭載。

また、マウスホイールの下にはペアリングの切り替えボタンがあります。

ボタンの配置や形状的に右利き用のデザインです。

M590は高機能7ボタン搭載

 

logicool M590は静音モデルでクリック音がとっても静か、一部ボタンは完璧ではない

logicool M590は静音モデルとなっておりクリック音の低減が図られています。

左右のクリック音は会議中などでも気にならないレベルですよ!

ただし静音が完璧ではない部分も。

以下のボタンは標準のマウスと比べれば音は低減されていますが完璧に静音化できているわけではありません。

クリック音が気になるボタン

  • 左右スクロールボタン
  • 左側面「戻る」ボタン

個人的には頻繁に使用するボタンじゃないので許容範囲かなと思っています。

 

logicool M590は単三乾電池一本で2年のバッテリー持ち

logicool M590は単三乾電池一本で2年のバッテリー持ち

logicool M590が使用するのは単三乾電池1本のみ。

それでいてバッテリーは2年持つという素晴らしい燃費です。

ほとんどバッテリーのことを気にせず使用できるありがたい仕様になっています。

 

logicool M590はBluetooth & 2.4GHz無線対応で2台を切り替えながら操作可能

logicool M590はBluetooth 4.0とUnifyingレシーバーによる無線接続の両方に対応しています。

また、ホイール下のボタンで2台の端末を切り替えながら操作可能です。

Unifyingレシーバ電池の隣にセットされているのでBluetooth非対応のPCに接続する際などにサッと取り出し接続できますよ。

logicoolBluetooth & 2.4GHz無線対応で2台を切り替えながら操作可能

 

logicool M590レビューまとめ

今回は静音・バッテリー長持ち・Bluetooth4.0対応のコスパ最強おすすめマウス「logicool M590」をレビューしました。

会議中に使用しても気にならないレベルの静音を実現し、バッテリーも単三乾電池1本で2年持つ低燃費。

Bluetoothと2.4GHz無線の両方に対応し、2台の端末を切り替えながら操作もできるコスパ最強の一品です。

静音で良いマウスをお探しならぜひお試しください。

ボクは家用と会社用で2台購入しました!

-PC・モバイル・ガジェット

Copyright© sysnishi(しすにし) , 2020 All Rights Reserved.