PC・モバイル・ガジェット

ZenFone Max Pro (M2)は日本で手に入るミドルハイレンジでハイコスパなスマホ!

ZenFone Max Pro (M2)は日本で手に入るミドルハイレンジでハイコスパなスマホ!

ASUSがミドルハイレンジの新スマホ『ZenFone Max Pro (M2)』の日本での販売を開始します。

このスマホはSnapdragon 660を搭載、メモリ4GBストレージ64GB(32GBもあります)とミドルハイレンジの王道とも言えるスペックで市場に現れました。

詳しく見てみるとなかなか面白いスマホで、コスパにも優れる良い製品でした。

今回は日本で販売を開始したミドルハイレンジとしてちょうどいいスペックで良コスパなおすすめスマホ『ZenFone Max Pro (M2)』をご紹介します。

 

ZenFone Max Pro (M2)の主要スペック

ZenFone Max Pro (M2)の主なスペックは以下のとおりです。

OS Android 8.1(ピュアAndroid OS
CPU Snapdragon 660
メモリ 4GB
ディスプレイ 6.3インチ 19:9 Full HD+ IPS
カメラ メイン:12MP + 5MP 前面:13MP
内蔵ストレージ 64GB
縦横サイズ 157.9 x 75.5mm
重量 175g
無線LAN 11b/g/n/ 2.4GHz
バッテリー容量 5,000mAh
防水 無し
Bluetooth 5.0
NFC
DSDS 対応(DSDV注意)
対応バンド ドコモ、ソフトバンク系プラチナバンド対応
FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/
B12/B17/B18/B19/B28
TD-LTE:B38/B41
W-CDMA:B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
その他 Micro USB
オーディオジャック有
顔認証/指紋認証
   

スペック的にはやはりザ・ミドルハイレンジという感じです。

評価が高いポイントもあれば、「おや・・・?」と思ってしまう部分も・・・

以降でおすすめなポイントイマイチなポイントに分けてご紹介していきたいと思います。

 

ZenFone Max Pro (M2)のおすすめポイント!

ざっくりとしたおすすめなポイントは以下のとおりです。

おすすめポイントはココ!

  • ピュアAndroid搭載
  • 5,000mAhの大容量バッテリー
  • ドコモ・ソフトバンク系プラチナバンド対応

 

ピュアAndroid搭載

ZenFone Max Pro (M2)はピュアAndroid搭載

ZenfoneシリーズのOSは基本的にはZenfone用にASUSがカスタマイズしたAndroidが搭載されます。

いわゆる「ZenUI」と呼ばれるユーザーインターフェースがAndroidの上に被さっています。

 

しかし、本機種ではGoogleの標準のAndroid(ピュアAndroid)をそのまま搭載しています。

ピュアなAndroidは無駄なプリインストールアプリがほとんどないのでシンプルでおすすめです。

個人的にピュアなOSのほうが通知がこないなどの問題に悩まされにくいと思っていますのでこの点は非常にポイントが高いです。

 

5,000mAhの大容量バッテリー

ZenFone Max Pro (M2)は5,000mAhの大容量バッテリー搭載

ZenFone Max Pro (M2)のバッテリー容量はなんと脅威の5,000mAh

バッテリー容量比較!

ZenFone Max Pro (M2) 5,000 mAh
UMIDIGI F1 5,150 mAh
Huawei Mate 20 Pro 4,200 mAh
Xiaomi Mi Mix 3 3,200 mAh
Xiaomi Mi Mix 2S 3,400 mAh
OnePlus 6T 3,700 mAh
OnePlus 6 3,300 mAh
Xperia XZ2 3,180 mAh
UMIDIGI F1には負けるものの、ZenFone Max Pro (M2)のバッテリー容量が群を抜いていることがわかると思います!

 

重量も175gと、大容量バッテリーの割に軽い印象を受けます。

最近のスマホはどんどん重たくなっていっている中、十分許容範囲内と言えるでしょう。

重量比較!

ZenFone Max Pro (M2) 175 g
UMIDIGI F1 186g
Xiaomi Mi Mix 3 218 g
Xiaomi Mi Mix 2S 192 g
OnePlus 6T 185 g
OnePlus 6 177 g
Xperia XZ3 193 g
Xperia XZ2 Premium 236 g
Xperia XZ2 198 g

後述しますが、大容量バッテリーなだけに急速充電規格に対応していないところはちょっと残念です。

 

ドコモ・ソフトバンク系プラチナバンド対応

ZenFone Max Pro (M2)は3GもLTEもドコモ・ソフトバンクの主要な周波数帯に対応しています。

ココに注意

au系は3Gが完全非対応なためこの機種にするならドコモ・ソフトバンク系のMVNOに乗り換えた方が良いと思います。

ドコモ・ソフトバンク系のSIMをお使いの方ならば外での通信に困ることなく快適にお使いいただけると思います。

 

ZenFone Max Pro (M2)はこんなところにも注目!

カメラも結構イイカンジ!

さすがにめちゃくちゃおすすめ、と言うわけにはいきませんが、ZenFone Max Pro (M2)はカメラもイイカンジなんです。

カメラを重視したい方はカメラ性能がさらに高いものを選んでいくべきですが、十分すぎるほどの画質と感じるはずです。

gsmarenaでサンプルの写真や動画が載っていますのでご参考までに。

 

Zenfoneシリーズは結構AIをウリにしていて、カメラもAI分析機能がFOTAアップデートで提供予定だそうです。

ZenFone Max Pro (M2)はAI分析機能を搭載予定

 

デュアルSIM+microSDのトリプルスロット!

ZenFone Max Pro (M2)はデュアルSIM+microSDのトリプルスロット!

普通はデュアルSIM端末は2枚目のSIMスロットがmicroSDのスロットと兼用している端末が多い中、ZenFone Max Pro (M2)はデュアルSIM+microSDのトリプルスロットを搭載しています。

DSDSで使っている人の場合にストレージ容量を確保したい方にとってはかなり魅力的な内容です。

写真や動画を撮影する方にとっては外部ストレージを拡張できることは結構重要かもしれませんね。

 

顔認証にも対応!

ZenFone Max Pro (M2)は顔認証搭載!

最近流行りの顔認証。ZenFone Max Pro (M2)もしっかり対応しています。

顔認証は便利すぎて一度使いだすと使用がやめられないほどです。

ここまで対応しているなんて・・・と正直おどろきました。

 

 

ZenFone Max Pro (M2)のイマイチなポイント

つづいて、ZenFone Max Pro (M2)の「おや・・・?」と思われる部分についてご紹介します。

ざっくりと言うと以下の2点が気になっています。

ココがイマイチ

  • MicroUSB
  • Wi-Fiが2.4GHzのみ
  • 急速充電規格非対応

MicroUSB

ZenFone Max Pro (M2)は残念ながら最近の標準となりつつあるUSB Type-CではなくMicroUSBを採用しています。

正直なところこの辺はもう統一していってほしいところだと思っているので非常に残念です。

ただ、現時点では充電の面でこのせいで困るような状況ではないので接続するときに向きだけ気をつければ大丈夫でしょう。

 

Wi-Fiが2.4GHzのみ

ZenFone Max Pro (M2)は2.4GHz帯のWi-Fiしか対応していません。

11ac以降の規格には対応していないので、自宅のWi-Fiがac対応になっている方はその恩恵を得ることはできません。

我が家はバリバリ2.4GHzの11n(たまに5Ghzの11n)を使っており、それでもあまり困っていませんが...

インターネット回線が1Gbpsなどの方は特に気になるところかもしれませんね。

(我が家は100Mbps...)

 

急速充電規格非対応

ZenFone Max Pro (M2)は急速充電の規格に対応していません。

バッテリー容量が多い分、メジャーな急速充電規格が余計に欲しくなる気がするので少々残念です。

ただし、5V/ 2.0A10Wで充電ができるのでちょっと充電速度が早いです。

1日は絶対持つであろうバッテリー容量なので、夜に充電できればいいことを考えれば全然気にする必要はなさそうですね!

 

ZenFone Max Pro (M2)の価格は?どこで買える?

ZenFone Max Pro (M2)はAmazonで37,991円で販売されるほか、楽天Yahooショッピングの各販売店でも販売されます。

 

また、家電量販店の通販サイトやMVNOの会社も端末の取り扱いを確認しました。

お得なキャンペーンとしては「OCNモバイルONE」が音声回線とセットで契約すると端末価格が13,824円になるキャンペーンを実施中です。

また、mineoでも端末価格38,232円、分割払いの場合1,593円/月(24回)で購入が可能です。

mineoでは4/8から取扱い開始のようです。

 

一括で買うならAmazonあたりが安そうです。

「この機会にMNPするか!」とフットワークを軽くして動ける方はOCNモバイルONEで契約するのもありでしょう。

そんなZenFone Max Pro (M2)は2019/3/15に発売です。

 

いかがでしたか?

今回は、『ZenFone Max Pro (M2)は日本で手に入るミドルハイレンジでハイコスパなスマホ!』についてご紹介しました。

ZenFone Max Pro (M2)はミドルハイレンジの王道ともいえるスペックを有しながら、ピュアAndroid搭載、大容量バッテリーなどオリジナル色も出しています。

カメラも結構キレイで、顔認証にも対応しています。

そして、そんな端末が3万円台で買えるというコスパの高さを見せつけているのでなかなか注目度の高い製品になっています。

 

この記事がみなさまのスマホ選びの参考となれば幸いです。

 

この記事もおすすめ!

Mi Band 5パッケージ 1

こんにちは、Mi BandシリーズをMi Band 3の時代から愛用しているしすにし(@sysnishi)です。 つい先日リーズナブルで生活を快適・便利にするスマートウォッチ「Mi Band』の新シリ ...

OnePlus 7T|トリプルレンズ、30W超急速充電対応背面デザインも一新された2019年ベストバイスマホ! 2

  2019年9月26日にOnePlusシリーズのニューモデル『OnePlus 7T』が発表されました。 OnePlus 7TはOnePlus 7からカメラやバッテリー周りなど順当に進化を遂 ...

Xiaomi Mi Note 10|異次元の108MPカメラ搭載・全キャリア対応のおすすめスマホ! 3

ついにXiaomiが日本に進出しましたね! 今回は日本進出と合わせAmazonでも販売を開始したコスパ最強スマホ『Mi Note 10』をご紹介します。 今「どのスマホがおすすめ?」って聞かれたら真っ ...

OnePlus 7|コスパ最強を維持しつつ高性能カメラ・UFS3.0高速ストレージなどOnePlus 6Tから着実に進化したスマホ! 4

OnePlusから新たにOnePlus 7シリーズが発表されました。 本シリーズではじめてOnePlus 7(無印)とOnePlus 7 Proの2種類のモデルが出ています。 コスパ維持のOnePlu ...

Xiaomi Mi Mix 3 5

お手頃価格で素晴らしい性能のスマホを提供するXiaomiから新型スマホ『Mi Mix 3』が発表されました。 前作の「Xiaomi Mi Mix 2」に引き続き、かなりの高コスパでとても魅力的な製品と ...

Oneplus 6T レビュー|コスパ最強で爆速顔認証・高品質カメラ搭載のサクサクスマホ【ドコモDSDS対応】 6

長らく使用していたスマホ「ZenFone 3」から乗り換え候補の厳選を重ね、ついに新スマホへ乗り換えました。 乗り換え先はOPPO傘下のスマートフォンメーカーOnePlusの「OnePlus 6T」。 ...

7

OnePlus 6や6T、Mi Mix3のように現時点で最新・最高のCPU「Snapdragon 845」を積んでいる超サクサクなスマホがありますが、もちろんCPUの性能が高ければ、それに応じて価格は ...

-PC・モバイル・ガジェット

© 2020 sysnishi(しすにし)