おトク情報、気になったことを発信します。

sysnishi

DIY

【ウォリスト】押入れに棚と柵をつけて子どもたちの秘密基地にしてみた

投稿日:

最近は活用しまくりの2x4(ツーバイフォー)材+金具を使ってホントに誰でも簡単にDIYができるようになっています。

この前はキッチン用の棚を作ってみたりもしました。

CHECK!
【簡単DIY】ド素人がディアウォールでキッチンの窓に棚を設置してみた!

妻は家のレイアウト替えやリフォーム番組が大好きです。 こんなイメージにしたい! なんて要望が妻から出ますが、なかなかしっくりくる既製品が無かったりするんですよね。 そうなってくると、やっぱりDIYでピ ...

続きを見る

キッチン用の金具は『ディアウォール』を使用しています。他にもリビングと玄関には『ウォリスト』という製品を使って柱を立てています。

そして今回の設置場所は押入れの上の段です。ピッタリ寸法が合う棚を設置後、落下防止で柵をつけてみましたら結構いい感じになりました。

ウォリストを使って押入れの棚を設置!

今回は2x4材を2本使って奥行を出してみました。もう1本分使うと圧迫感が出そうなのでこれぐらいで。

どこでもピッタリになるようにできるのがDIYの強みですよね!

寸法

とにもかくにもまずは寸法を測るところからスタートです。

結構作ってきているので段々とこのステップも慣れてきました。

奥行は2x4材2本分なので、柱と棚板もそれを考慮して各箇所2本ずつ必要となります。

ちなみに高さは設置するかごに合わせて適当に決めます(笑)

材料・費用感

寸法が大体取れたので実際に買う材料を決定します。

棚受金具1セットで2個入っているというところが注意点です。

組立&設置

組み立ては相変わらず超簡単です。

束ねる金具で2本をまとめるのは初めてでしたが特に何も困るところはありませんでした。

棚受は設置位置を下から〇cm、といった具合に測って場所を決めるといいですよ。

ちなみにボクの場合は下から29cmと53cmの位置にそれぞれ設置しました。

ピッタリ収まるだけで結構さまになるのがモチベーションがあがるポイントですよね。

 

 

続いてウォリストで柵を設置!

今回はこれだけに留まりません。押入れの上の段を子どもたちの秘密基地にするために、落下防止の柵を取り付けます。

片側は有孔ボードを使っていろいろ引っかけられるようにしてみました。

横に走らせている木の間隔がバラバラですね・・・

ここだけ適当にしたのは反省点です・・・。

 

寸法

寸法はもうざっくりな感じで決定しました。右側の柱2本はすでに設置済みの棚の柱です。

横に走らせる木(1x4材)の間隔決めておいたほうが見栄えが良くなると思いますよ!

10~15cmの間で決めてみると良いかもしれません。

全体の幅感的には押入れの上にのぼるスペースを確保することも意識してみました。

 

材料・費用感

押入れ棚用購入リスト

費用:約6,700円

材料はこんな感じです。51mmのねじは1x4を2x4に打ち付ける用、38mmのねじは有孔ボードを2x4に打ち付ける用です。

 

組立&設置

コツとしては、新規設置分の柱、横に走らせる木、そして有孔ボードはあらかじめねじで打ち付けてから設置して、そのあとで既設分の棚の柱と有孔ボードを木ねじでとめるのがやりやすかったです。

後は横に走らせる木の間隔をちゃんと測った方が美しいです!

 

今回は仕上げも!

1x4、2x4の表面がトゲトゲしてるからちょっと危ないかも・・・というわけで買ってきたよ!

ということで妻がキャンドゥで買ってきたのはコチラのインテリアシートです。

 

インテリアシートを使って柵部分にシートを貼りました。

最終的には棚の側の柱にも貼ることになりました。

合計4枚のシートを使いました。

インテリアシートを貼るだけでガラッと見た目が変わるしカッコよくなりますね!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は子供たちのためにウォリストを使って押入れに棚と柵を作ってみました。

費用は合計約15,000円程度がかかりますが、自分の家にピッタリの寸法で設置できるのがDIYの強みです。

ある程度雑に組み立ててもそれなりに良い感じにできたので満足です。

みなさまも良いDIYライフを!

-DIY

Copyright© sysnishi , 2018 All Rights Reserved.