PC・モバイル・ガジェット

XZ2との違いは?Xperia XZ3の進化点!

8月の末からベルリンで開催された「IFA 2018」でSonyの新作スマホ「Xperia XZ3」が発表されました。

日本でもXperia XZ2が発売されていますが、そこから一体どう進化しているの?このスマホは買いなの?ってところが気になりますよね。

今回は、Xpearia XZ3について調べてみて、XZ2と比べてみましたのでぜひご覧ください。

 

主要スペックを比較!

まずは主要なスペックをXperia XZ3とXZ2とで比較してみました。

Xperia XZ3 Xperia XZ2
OS Android 9.0 Android 8.0
CPU Snapdragon 845
メモリ 4GB
ディスプレイ 6.0インチ QHD+ 有機EL 5.7インチ Full HD+
カメラ メイン:19MP 1/ 2.3” Exmor RS™ F値2.0 Gレンズ
前面:13MP 1/ 3.06” Exmor RS™
メイン:19MP 1/ 2.3” Exmor RS™ F値2.0 Gレンズ
前面:5MP 1/ 5” Exmor R™F値2.2
動画撮影 4K/HDRでの撮影に対応
内蔵ストレージ 64GB
縦横サイズ 158mm x 73mm 153mm x 72mm
重量 192.8 g 198 g
無線LAN 11a/b/g/n/ac 2.4 & 5GHz
バッテリー容量 3,330 mAh 3,180 mAh
防水 IP65/68相当の防水・防塵
Bluetooth 5.0
NFC 対応
Qi
DSDS 対応(DSDV注意)※

※日本向けはシングルSIMの可能性大

 

要注目の進化ポイント!

XZ2から薄型化

今回Xperia XZ3ではXZ2から薄型化を果たすことができました。

Xperia XZ2は持ちやすさを優先した結果、本体の厚みが増してしまっていましたが、次の世代はしっかり薄型化してくれました。

本体厚み比較!

Xperia XZ3 9.9 mm
Xperia XZ2 11.1 mm
Oneplus 6 7.8 mm

 

Oneplus 6のほうが薄いですね!

 

有機ELディスプレイ

Xperia XZ3はXperiaシリーズ初の有機ELディスプレイを搭載しています。

有機ELディスプレイバッテリー持ちに効果的です。次の項でも述べますが、バッテリー持ちはXZ2を上回っています。

また、有機ELディスプレイを採用することにより、スマホのエッジの曲面部分までディスプレイを広げられています。

エッジディスプレイ部分を利用した、次に利用するアプリを推測して表示してくれる「Side Sense」はなかなかおしゃれです。

 

驚異のバッテリー持ち

GSMArenaによるバッテリーテストの結果では、Xperia XZ2の88hを上回り、なんと90hを記録しています。

画面サイズがさらに大きくなったとはいえ、有機ELの採用とバッテリーの大容量化によるものかと思います。

バッテリー持ち比較!

Xperia XZ3 90h
Xperia XZ2 88 h
Oneplus 6 76 h

 

バッテリー持ちはかなりのもの!

 

ココは変わってほしかった・・・

薄くなったが重量はあまり減らず

超重量級で話題になったXperia XZ2から薄型化を果たしたXperia XZ3ですが、重さはあまり変わってはいないようです。

本体重量比較!

Xperia XZ3 192.8 g
Xperia XZ2 198 g
Oneplus 6 177 g

 

190g台はさすがにちょっとためらいますね。

 

メインカメラはスペック変わらずシングルレンズのまま

メインカメラのスペックは変わりません。また、レンズの数も変わりません。

正直デュアルレンズを期待していたのですが、ここが変わらなかったのは残念でなりません

Xperia XZ2 Premiumでデュアルレンズも実装しているので、挑戦できないわけではないと思っているのですが・・・。

 

メモリも変わらず4GB

ここもかなりガッカリした点です。

周りの主要なハイスペック機種たちと比べるとメモリ4GB少々低すぎるのではないでしょうか。

ある程度のアプリを使うようになってくると、メモリ4GBはしんどくなってくると考えています。

 

結局この機種は買いなのか?

正直この機種に手を出すのはなかなかためらうところです。

Xperia XZ2から大きな進化を遂げた点があるにはありますが、一方で少し変わってほしかった部分が変わらなかったことが残念でなりません。

特に気になったのは先ほど述べたとおり、以下の2点となっています。

ココが残念

  • メインカメラがシングルレンズのまま
  • メモリが4GBのまま

Xperia XZ4はCompactも出してほしい!

 

現時点でおすすめの機種はOneplus 6です。中華スマホにこだわりがなければ、最高コスパで最強スペックが手に入ります。

おすすめスマホ
OnePlus 6レビュー|最高コスパで写真もキレイ!爆速の顔認証やジェスチャー機能も超便利!
OnePlus 6レビュー|最高コスパで写真もキレイ!爆速の顔認証やジェスチャー機能も超便利!

先日妻の新しいスマホとして選んだ「OnePlus 6」がようやく手元に届きました。 選んだ経緯はコチラ↓   今回はようやく届いたOnePlus 6を開けてレビューしてみました。 &nbsp ...

続きを見る

 

 

いかがでしたか?

今回は、「XZ2との違いは?Xperia XZ3の進化点」についてご紹介しました。

Xperia XZ3はXZ2からは良くなっていると思いますが、ちょっと購入に向けては勢いが出ない端末のような気がします。

引き続き、他の端末の情報も追っていきたいと思います。

この記事もおすすめ!

Mi Band 5パッケージ 1

こんにちは、Mi BandシリーズをMi Band 3の時代から愛用しているしすにし(@sysnishi)です。 つい先日リーズナブルで生活を快適・便利にするスマートウォッチ「Mi Band』の新シリ ...

OnePlus 7T|トリプルレンズ、30W超急速充電対応背面デザインも一新された2019年ベストバイスマホ! 2

  2019年9月26日にOnePlusシリーズのニューモデル『OnePlus 7T』が発表されました。 OnePlus 7TはOnePlus 7からカメラやバッテリー周りなど順当に進化を遂 ...

Xiaomi Mi Note 10|異次元の108MPカメラ搭載・全キャリア対応のおすすめスマホ! 3

ついにXiaomiが日本に進出しましたね! 今回は日本進出と合わせAmazonでも販売を開始したコスパ最強スマホ『Mi Note 10』をご紹介します。 今「どのスマホがおすすめ?」って聞かれたら真っ ...

OnePlus 7|コスパ最強を維持しつつ高性能カメラ・UFS3.0高速ストレージなどOnePlus 6Tから着実に進化したスマホ! 4

OnePlusから新たにOnePlus 7シリーズが発表されました。 本シリーズではじめてOnePlus 7(無印)とOnePlus 7 Proの2種類のモデルが出ています。 コスパ維持のOnePlu ...

Xiaomi Mi Mix 3 5

お手頃価格で素晴らしい性能のスマホを提供するXiaomiから新型スマホ『Mi Mix 3』が発表されました。 前作の「Xiaomi Mi Mix 2」に引き続き、かなりの高コスパでとても魅力的な製品と ...

Oneplus 6T レビュー|コスパ最強で爆速顔認証・高品質カメラ搭載のサクサクスマホ【ドコモDSDS対応】 6

長らく使用していたスマホ「ZenFone 3」から乗り換え候補の厳選を重ね、ついに新スマホへ乗り換えました。 乗り換え先はOPPO傘下のスマートフォンメーカーOnePlusの「OnePlus 6T」。 ...

7

OnePlus 6や6T、Mi Mix3のように現時点で最新・最高のCPU「Snapdragon 845」を積んでいる超サクサクなスマホがありますが、もちろんCPUの性能が高ければ、それに応じて価格は ...

-PC・モバイル・ガジェット

© 2020 sysnishi(しすにし)