おトク情報、気になったことを発信します。

sysnishi

マネー・お得

自動車保険は継続より新規契約の方が安い!?お得テク2本柱!

更新日:

みなさんは、毎年自動車保険の見直しをしていますか?

自動車保険の満期が近づいてきたからなんとなくそのまま更新している・・・なんてことはありませんか?

自動車保険は、見積をするだけでプレゼントをもらえるキャンペーンがあります。

しかも、同じ保険会社で継続するより別のところで新規契約する方が安かったりするんです。

今回は、自動車保険の更新の時に使える2つのお得なテクニックを、自分の実例を交えながらご紹介します。

お得なテクニック2本柱

それでは早速、自動車保険の更新の際に使えるお得なテクニックを紹介します。

一括サイトで見積をしてプレゼントをGET!

更新するにもまずは見積が必要です。

見積には一括見積サイトを利用してどの保険会社がどれくらいの価格なのかをサクッと調べることができます。

一括見積サイトを利用するメリットは簡単に複数の保険会社から見積を取得できるだけではありません。

一括見積サイトで見積をしてもらうだけでなんと!プレゼントがもらえるのです!

見積してもらうだけでプレゼントがもらえるならやらない手はないわね。

さっさと更新するのではなく、こんな簡単な手順を踏むだけで自分がトクをするのならやらない手はないですよね。

どこでプレゼントがもらえるの?

ボクは毎年以下のサイトで見積をしてプレゼントをGETしています!
ボクが利用している一括見積サイト

※クリックするとGoogleの検索結果ページに移動します。

もらえるプレゼントは時期によって様々です。最近はお米のプレゼントをしているパターンが多いですね。

お米!!

継続の場合と価格を比較して安くなるところを選ぶ!

見積でプレゼントをもらえるキャンペーンに参加した後は、ようやく保険会社を選ぶステップです。

一括見積サイトを通じて多くの保険会社から見積結果が届くはずですので比較検討をしてみましょう。

見積は約20社から一括で取得するという記載をしているところが多いですが、申込者の条件に応じて見積取得先も少なくなるようです。

ボクが申し込んだときには6社への見積依頼となりました。

 

ここで一括見積した各会社の価格と、現在利用している保険会社で継続した場合の価格を比較してみましょう。

比較した結果、継続したほうが安いようなら引き続きその会社で継続してみるのも良いでしょう。でも、もし別の会社のほうが安いようなら乗り換えも検討しましょう。

自動車保険は、新規契約の方が継続契約より割引価格が大きいようです。良さそうな保険会社2社を乗り換えていく方が結果的に得をすることがあるのです。

乗り換えの時に注意したいポイント

保険会社の評判も気にしよう

一括見積をすると、各社で価格にばらつきがあることがわかるかと思います。

もちろん価格重視で申し込みたいところですが、気にしておきたいのは実際に事故が起きた時の対応じゃないでしょうか。

事故が起きた時のための保険なのに、いざその時になってみると雑な対応・・・となってしまうと本末転倒ですよね。

やはり、保険会社の評判も見てから申し込むのが一番です。

ボクが申し込んでいるのはココ!!

実際に僕が申し込んでいるオススメの保険会社は以下の2社です!

ボクが申し込んでいる保険会社!

  • ソニー損保
  • イーデザイン損保

ちなみに2018年はイーデザイン損保に決めました。2017年はソニー損保で申し込んでおり、そこから乗り換えた形ですね。

自分自身に事故の経験がありませんので事故対応については完全に口コミ評価になってしまいますが、ロードサービスは1回だけ対応してもらったことがあります。

ソニー損保を使っているときにバッテリー上がりが発生したのですが、その時のロードサービスの対応はとても良かったです。すぐ来てくれて、さっと対応してくれましたよ。

バッテリー自体がもうヘタっていて交換時期だったので交換してもらいましたが、バッテリー自体の費用だけで対応してもらえました。

評判を調べるならココ!

保険会社の評判を調べるなら、以下のサイトは非常に参考になるので申し込み前に確認することをオススメします。

参考ダイレクト自動車保険 乗り換え大作戦!

チューリッヒの評価があがってる・・・!確認しておけばよかった・・・

来年はまた改めて検討したいと思います。

自転車保険も併せて検討

最近は自転車保険に加入することが義務化されている地域が増えてきました。

ボクの住んでいる地域も義務化されています。

自転車保険に加入する場合、自動車保険に個人賠償特約があればそれを利用することができます。たとえばソニー損保は+1200円で個人賠償特約を付けることができます。

だからといって、個人賠償特約がある保険会社から選ばなければならないというわけではありません。

最近は自転車保険という名前でたくさんの保険会社から出されていますので、自動車保険と別で自転車保険を申し込めば良いのです。

ですので、自転車保険の契約も必要な方は、以下のような組み合わせでの価格比較をすることになります。

自転車保険も考慮に入れた価格比較!
  • 自動車保険+個人賠償特約での価格
  • 自動車保険+自転車保険での価格

オススメの自転車保険

個人賠償特約がない自動車保険を利用していて自転車保険を申し込む必要がある場合には以下が安くてオススメです!

参考サイクル安心保険|一般財団法人 全日本交通安全協会

個人賠償責任保障1億円のプランが1230円/年で申し込めますので、ソニー損保の個人賠償特約と同じような価格での利用が可能です!

ボクも2018年はサイクル安心保険を利用することにしました。

 

いかがでしたか?

今回は、「自動車保険は継続より新規契約の方が安い!?お得テク2本柱!」についてご紹介しました。

みなさんの自動車保険選びに役立てば幸いです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

-マネー・お得

Copyright© sysnishi , 2018 All Rights Reserved.