PC・モバイル・ガジェット

メッシュWi-Fiとは?中継機との違いって?おすすめ4機種もご紹介します!

無線LANの世界で最近はやりの「メッシュWi-Fi」はご存知ですか?

家電量販店に行った際に見かけて言葉だけは知っているという方も多いかもしれません。

ボクも言葉だけ知っている程度でしたが、そろそろルータも買い替え時期かなと思い、この機会にしっかり勉強してみました。

我が家のルータはIEEE802.11nまでにしか対応していない2世代(それ以上?)前の製品です・・・

今回は、メッシュWi-Fiとはいったい何なのか、メッシュWi-Fiルータのおすすめ4機種もあわせてご紹介します。

ついでにボクの買い替え対象機種も決定!

 

メッシュWi-Fiとは?

 

メッシュWi-Fiとは

メッシュWi-Fiは、複数のアクセスポイント(ルータ・サテライト機)が協調動作し1つのWi-Fiネットワークを構築する仕組みです。

メッシュWi-Fiを構築すれば家の中でいつでもどこでも安定した通信環境を得られます。

 

メッシュWi-Fiと中継機の違いは?

メッシュWi-Fiのように複数のアクセスポイントを設置する方法で「中継機」という言葉をよく聞くかもしれません。

メッシュWi-Fiは中継機のデメリットと言える部分をなくした理想的な姿になっていると思います。

中継機との重要な違いは簡単に言うと以下のとおり。

メッシュWi-Fiは中継機とここが違う!

  • 最適アクセスポイント自動接続切替で部屋のどこでも安定・快適通信
  • トライバンドまで対応し速度低下を防げるタイプがある※後々中継機でもでてくるかも

さらに詳しく書いていきたいと思います。

 

メッシュWi-Fiなら常に最適なアクセスポイントに接続

メッシュWi-Fiは、設置した各アクセスポイント同士が通信し協調動作します。

クライアント(スマホやPC)の電波をウォッチし、移動に合わせ最適なアクセスポイントに切り替えてくれるのはメッシュWi-Fiならではのメリットです。

メッシュWi-Fiなら常に最適なアクセスポイントに接続

 

複数のアクセスポイントを使用するパターンとしては「中継機を設置する」というものが一般的でした。

中継機でも同一のSSIDを使用して1つのネットワークのように見せることはできますが、アクセスポイント同士が協調動作しているわけではありません。

クライアント端末は電波が弱くても同じアクセスポイントに接続し続けるという特徴があるため中継機の場合だとなかなか自動で切り替わらないのです。

※PCであればアダプタの「ローミングの積極性」の設定項目で多少自動切替の設定が可能です。

中継機ではアクセスポイントからシームレスな切替はむずかしい

 

トライバンド同時使用可のメッシュWi-Fiルータを使えば高速通信を維持

メッシュWi-Fiに限った話ではありませんが、アクセスポイントが複数の周波数帯を同時に使用できることは高速通信の維持に重要です。

メッシュWi-Fiルータの中には、5GHz、2.4GHzに加え、さらにもう一つの5GHzの周波数帯域を使える「トライバンド」対応のものがあります。

AP間の通信(バックホール)に専用の5GHz帯を使用することで、サテライト機を使用した残りの5GHz、2.4GHzの速度を低下させず通信できるのです。

トライバンド同時使用可のメッシュWi-Fiルータを使えば高速通信を維持

 

デュアルバンドの場合には、親機・中継機(メッシュWi-Fiならサテライト機)間の接続と中継機・子機間の接続に使用する周波数帯域は速度低下が発生してしまいます。

また、親機・中継機間の接続に2.4GHzの周波数帯を使用してしまうと、最大速度の関係でそもそも速度低下の発生は避けられません

デュアルバンドの場合、中継機経由での速度が低下する

 

有線LANでイーサネットバックホールを構築すればデュアルバンドでもOK

 

有線LANでイーサネットバックホールを構築すればデュアルバンドでもOK

 

 

メッシュWi-Fiはこんな人におすすめ

メッシュWi-Fiはこんな人におすすめ

メッシュWi-Fiがおすすめなのはズバリ「2・3F建てや部屋が多く家全体に電波が届きづらい人」です。

メッシュWi-Fiや中継機をお探しの方は基本的に「使いたい場所での電波が弱い」という方だと思います。

家の中に電波の弱い場所がある方はぜひメッシュWi-Fiの検討をおすすめします。

 

Wi-Fi 6対応のメッシュWi-Fiルータはまだ出そろっていないし高い

Orbi AX6000

メッシュWi-Fiは現時点でスピード重視の方におすすめできるわけではありません。

最新の規格「Wi-Fi 6」対応のメッシュルータは少なく、1台で使用するタイプのWi-Fi 6対応ルータと比較すると非常に高価です。

海外ではすでにWi-Fi 6対応のメッシュWi-Fiルータ「Orbi AX6000」が発売されていますが、この値段は日本円にして70,000円超ほど。

ルータに70,000円はキツイ・・・

予算に非常に余裕があるような方の視野には入ってくるでしょうが、少なくともボクの予算では雲の上の話になりそうです。

 

メッシュWi-Fiルータおすすめ4機種はこれだ!

おすすめのメッシュWi-Fiルータ4機種をご紹介します。

先に書いたとおり、「Wi-Fi 6」対応の機種は現時点ではほぼなく価格が非常に高いため、IEEE 802.11ac対応の中から選びました。

個人的なおすすめ順に並べていますよ!

メッシュWi-Fiおすすめ4機種!

  • Orbi Micro
  • Deco M9 Plus
  • LINKSYS VELOP
  • Orbi

 

おすすめ4機種の違い

おすすめ4機種のうち1~3つめのについては性能面で差はほとんどありません。

4つ目の「Orbi」のみバックホールの速度が「1733Mbps」となっており、中継機経由での速度低下をより防ぐことが可能です。

ただしサイズがかなり大きいため置き場所に困るかもしれません。

速度・サイズ比較!

機種 サイズ 5GHz 2.4GHz 5GHz(バックホール)
Orbi Micro 14.2 x 6.0 x 6.7cm 866Mbps 400Mbps 866Mbps
Deco M9 Plus 14.4 x 14.4 x 4.6cm 866Mbps 400Mbps 866Mbps
LINKSYS VELOP 7.9 x 7.9 x 18.5cm 866Mbps 400Mbps 866Mbps
Orbi 17 x 7.9 x 22.6cm 866Mbps 400Mbps 1733Mbps

また、「Orbi」、「Orbi Micro」はサテライト機3台まで(親機とあわせて4台までの構成)対応という制限がありますが、一般家庭でこの制限を超えて設置することはないでしょう。

「Deco M9 Plus」、「LINKSYS VELOP」は10台接続可能のためそもそも気にする必要なしです。

Amazonで15%オフクーポンあり!

 

Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)対応機種じゃなくていいの?

Youtube、Netflixやネットサーフィンを楽しむ大勢の方向けにはまだ11ac対応のもので十分です。

そもそも11axに対応しているPCやスマホはまだ普及していませんしね。

これからの大容量コンテンツの充実に伴いWi-Fi 6対応ルータにしていくことは必要になってくるかもです。

ただ、現時点ではWi-Fi 6に対応したルータを買う必要がある方は少ないと思います。

回線速度が必要なリアルタイムレスポンスを要するFPS系のゲームをする方などはWi-Fi 6対応ルータを購入したほうが良いでしょう。

もちろんインターネット回線側の契約見直しも必要ですよ。(1⇒10Gbpsなど)

 

ボクはOrbi Microの購入を決意しました

ボクは世代の古い11n対応ルータからの買い替えとして「Orbi Micro」を購入することにしました。

1Fと2Fにセットして快適な通信を実現したいと思います。

簡単設定記事として後日公開予定です。

Amazonで15%オフクーポンあり!

 

メッシュWi-Fiまとめ

メッシュWi-Fiはルータに加えサテライト機を用いて1つの広範囲のWi-Fiネットワークを構築します。

部屋を移動しても自動で高速に最適なアクセスポイントに切り替え、いつでもどこでも快適なWi-Fi生活を送れるところがメリットです。

家の中に電波の弱いスポットがある方はぜひご検討ください!

この記事もおすすめ!

OnePlus 7T|トリプルレンズ、30W超急速充電対応背面デザインも一新された2019年ベストバイスマホ! 1

  2019年9月26日にOnePlusシリーズのニューモデル『OnePlus 7T』が発表されました。 OnePlus 7TはOnePlus 7からカメラやバッテリー周りなど順当に進化を遂 ...

Xiaomi Mi Note 10|異次元の108MPカメラ搭載・全キャリア対応のおすすめスマホ! 2

ついにXiaomiが日本に進出しましたね! 今回は日本進出と合わせAmazonでも販売を開始したコスパ最強スマホ『Mi Note 10』をご紹介します。 今「どのスマホがおすすめ?」って聞かれたら真っ ...

OnePlus 7|コスパ最強を維持しつつ高性能カメラ・UFS3.0高速ストレージなどOnePlus 6Tから着実に進化したスマホ! 3

OnePlusから新たにOnePlus 7シリーズが発表されました。 本シリーズではじめてOnePlus 7(無印)とOnePlus 7 Proの2種類のモデルが出ています。 コスパ維持のOnePlu ...

Xiaomi Mi Mix 3 4

お手頃価格で素晴らしい性能のスマホを提供するXiaomiから新型スマホ『Mi Mix 3』が発表されました。 前作の「Xiaomi Mi Mix 2」に引き続き、かなりの高コスパでとても魅力的な製品と ...

Oneplus 6T レビュー|コスパ最強で爆速顔認証・高品質カメラ搭載のサクサクスマホ【ドコモDSDS対応】 5

長らく使用していたスマホ「ZenFone 3」から乗り換え候補の厳選を重ね、ついに新スマホへ乗り換えました。 乗り換え先はOPPO傘下のスマートフォンメーカーOnePlusの「OnePlus 6T」。 ...

【Mi Band 3レビュー】Xiaomiのコスパ最高・バッテリー持ち最高、そして超便利なスマートウォッチが届いたよ!【20ドル台で買える】 6

みなさんはスマートウォッチはお持ちですか?腕時計は人によって趣味が分かれそうなところですよね。 かくいうボクも、ズボラな体質ゆえ、腕時計もメンテナンスフリーなソーラー電波タイプの腕時計を愛用していまし ...

7

OnePlus 6や6T、Mi Mix3のように現時点で最新・最高のCPU「Snapdragon 845」を積んでいる超サクサクなスマホがありますが、もちろんCPUの性能が高ければ、それに応じて価格は ...

-PC・モバイル・ガジェット

© 2020 sysnishi(しすにし)