おすすめのスマホ・PC・ガジェット情報を中心におとどけします

sysnishi(しすにし)

PC・モバイル・ガジェット

Xiaomi Mi Pad 4 Plusは10インチタブレットでコスパ最高の一品!

投稿日:

Xiaomi Mi Pad 4 Plusは10インチタブレットでコスパ最高の一品!

最近はスマホも大画面化してきましたが、やっぱり家ではもっと大きな画面でマンガを読んだりビデオを見たいと思いませんか?

画面が小さいと目の疲れにつながるので、できるだけ大きな画面にした方が自分の目のためになると思います。

大きな画面サイズの種類はどんどん減ってきていますが、今回はその中でコスパに優れたおすすめ製品Xiaomi Mi Pad 4 Plus」をご紹介します。

10インチクラスのタブレット界の最強コスパ製品です!

GearBestで販売中!

 

Mi Pad 4 Plusの主要スペック!

まずは、Xiaomi Mi Pad 4 Plusの主要なスペックからご紹介します。

OSAndroid 8.1(MIUI10)
CPUSnapdragon 660
メモリ4GB
ディスプレイ10.1インチ 16:10 WUXGA IPS
カメラメイン:13MP 前面:5MP
内蔵ストレージ64/128GB
縦横サイズ245.6 x 149.1mm
重量485g
無線LAN11a/b/g/n/ac 2.4 & 5GHz
バッテリー容量8,620mAh
防水無し
Bluetooth5.0
NFC無し
DSDS非対応
対応バンド(LTEモデルのみ)FDD-LTE:B1/B3/B5/B7/B8
TDD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41
その他急速充電無し、イヤホンジャック有り

 

Mi Pad 4 PlusのCPU、メモリは必要十分なスペック!

Mi Pad 4 PlusのCPU、メモリは必要十分なスペック!

Xiaomi Mi Pad 4のCPUは「Snapdragon 660」を搭載しています。

ミドルハイレンジのSnapdragonシリーズを搭載しているタブレットは珍しいです。

 

CPU比較!

Xiaomi Mi Pad 4 PlusSnapdragon 660
Amazon Fire HD 10Amazon独自(Snapdragon 425よりちょい上くらい)
Huawei MediaPad M5 ProKirin 960
Huawei MediaPad T3 10Snapdragon 425

この中でMi Pad 4 Plusと同程度の実力を持つのは「Huawei MediaPad M5 Pro」です。あとの2機種はAntutuスコアでいうと半分くらい下の位置にいます。

 

Antutuスコア比較!

Xiaomi Mi Pad 4 Plus142,000
Amazon Fire HD 1061,500
Huawei MediaPad M5 Pro180,000
Huawei MediaPad T3 1032,000

 

メモリ容量についても必要十分な4GBとなっています。

最近のAndroidを快適に使用するためには最低でもこれぐらいは必要だと思っています。

これより少ない容量ですと、できることの幅や快適さが落ちてしまうので、ガシガシ使いたい方は4GB以上の機種がおすすめです。

メモリ容量比較!

Xiaomi Mi Pad 4 Plus4GB
Amazon Fire HD 102GB
Huawei MediaPad M5 Pro4GB
Huawei MediaPad T3 102GB

 

Mi Pad 4は他機種と重量差なくバッテリー容量は抜群!

Mi Pad 4は他機種と重量差なくバッテリー容量は抜群!

Xiaomi Mi Pad 4 Plusのバッテリー容量は8,620mAhとなっています。

少なくともAndroid勢の中では飛び抜けています。

バッテリー容量比較!

Xiaomi Mi Pad 4 Plus8,620 mAh
Amazon Fire HD 106,300 mAh
Huawei MediaPad M5 10 Pro7,500 mAh
Huawei MediaPad T3 10 Pro4,800 mAh
Apple iPad Pro 117,812 mAh
Apple iPad Pro 10.58,134 mAh
Apple iPad 9.78,827 mAh

iPad系とも比較してみました。iPad9.7にちょっと負けていますが、他の2機種よりは大きいバッテリー容量となっています。

 

一方で重量はというと、Mi Pad 4 Plus485gとなっています。

重量を比べてみますと、他の機種とほとんど差がないことがわかると思います。

またMi Pad 4 Plusと同等のスペックであるHuawei MediaPad M5 10と比べるとMi Pad 4 Plusの方が軽いです。

重量比較!

Xiaomi Mi Pad 4 Plus485 g
Amazon Fire HD 10500 g
Huawei MediaPad M5 10 Pro498 g
Huawei MediaPad T3 10 Pro460 g
Apple iPad Pro 11468 g
Apple iPad Pro 10.5469 g
Apple iPad 9.7469 g

 

Mi Pad 4 Plusはマンガ・雑誌を読むのにおすすめ!横にすれば見開きも見やすい!

Mi Pad 4 Plusはマンガ・雑誌を読むのにおすすめ!横にすれば見開きも見やすい!

Xiaomi Mi Pad 4 Plusのディスプレイサイズは10.1インチです。

単行本ぐらいの大きさだと8インチでも問題ないと思いますが、10.1インチなら、もっと大きな雑誌とかでも読みやすいです。

さらに、横向きにすれば見開き2ページでマンガを読めます。

今は電子書籍もかなり充実してきているので、たくさんの本を1つのタブレットに集約してやれば超便利ですね。

Xiaomi Mi Pad 4はマイクロSDカードで容量を拡張できますし、Kindleアプリはデータを外付けのマイクロSDカードに保存できるので、組み合わせれば電子書籍環境は最強になります。

 

Mi Pad 4 Plusで動画を観たり音楽を聴くならイヤホン・スピーカーに接続するのがおすすめ!

Mi Pad 4 Plusで動画を観たり音楽を聴くならイヤホン・スピーカーに接続するのがおすすめ!

Mi Pad 4 Plusはスピーカーが本体下部にあります。つまり横向きにして動画を見る場合に、どちらか片側からしか音が出ないことになります。

一応ステレオスピーカーなのですが、片側でステレオスピーカーということになっているのでちょっともったいないです。

動画や音楽を再生する場合にはイヤホンやヘッドホン、または別途スピーカーなどに接続してやった方が良いと思います。

 

Mi Pad 4 Plusは日本語化、Playストアの利用のハードルがちょっと高いかも

Xiaomi Mi Pad 4は中国版のみが取り扱われています。

中国版の他のグローバル版との違いは、言語のところGoogleアプリが入っていないところです。

まず、Mi Pad 4 Plusは言語として英語と中国語をサポートしています。初期設定画面などではその2種類しか選択できないのです。

日本語に対応させるには、PCと接続し、adbのコマンドによりMi Pad 4 Plusの言語設定を変更する必要があります。

 

また、Googleアプリが入っていないという点ですが、これはAndroidでアプリをダウンロードする時に使う「Playストア」が入っていないということを意味しています。

日本ではおなじみのPlayストアに導入するためには、Google Installerをダウンロードしてきて実行・インストールする必要があります。

他にも、さらにハードルがあがる方法ですが、ROMを別のものに焼き直すという方法があります。

既に手順が確立されていますが、やはり不慣れな方には難しい作業だと思います。

 

Mi Pad 4 Plusの価格は激安でコスパ最強!

Xiaomi Mi Pad 4 Plusはそのパフォーマンスに対し非常に安い価格設定となっています。

Media Pad M5 Proと比較すると1万円ほど差がでる場合もありそうです。

GearBestで販売中!

 

いかがでしたか?

今回は、「Xiaomi Mi Pad 4 Plusは10インチタブレットでコスパ最高の一品!」についてご紹介しました。

日本語対応にちょっとだけ手間はかかりますが、それを乗り越えれば10インチクラスの中で最強のコスパを誇るタブレットになります

この記事がみなさまのご参考になれば幸いです。

この記事もおすすめ!

OnePlus 7|コスパ最強を維持しつつ高性能カメラ・UFS3.0高速ストレージなどOnePlus 6Tから着実に進化したスマホ! 1

OnePlusから新たにOnePlus 7シリーズが発表されました。 本シリーズではじめてOnePlus 7(無印)とOnePlus 7 Proの2種類のモデルが出ています。 コスパ維持のOnePlu ...

Xiaomi Mi Mix 3 2

お手頃価格で素晴らしい性能のスマホを提供するXiaomiから新型スマホ『Mi Mix 3』が発表されました。 前作の「Xiaomi Mi Mix 2」に引き続き、かなりの高コスパでとても魅力的な製品と ...

Oneplus 6T レビュー|コスパ最強で爆速顔認証・高品質カメラ搭載のサクサクスマホ【ドコモDSDS対応】 3

長らく使用していたスマホ「ZenFone 3」から乗り換え候補の厳選を重ね、ついに新スマホへ乗り換えました。 乗り換え先はOPPO傘下のスマートフォンメーカーOnePlusの「OnePlus 6T」。 ...

【Mi Band 3レビュー】Xiaomiのコスパ最高・バッテリー持ち最高、そして超便利なスマートウォッチが届いたよ!【20ドル台で買える】 4

みなさんはスマートウォッチはお持ちですか?腕時計は人によって趣味が分かれそうなところですよね。 かくいうボクも、ズボラな体質ゆえ、腕時計もメンテナンスフリーなソーラー電波タイプの腕時計を愛用していまし ...

5

OnePlus 6や6T、Mi Mix3のように現時点で最新・最高のCPU「Snapdragon 845」を積んでいる超サクサクなスマホがありますが、もちろんCPUの性能が高ければ、それに応じて価格は ...

-PC・モバイル・ガジェット

Copyright© sysnishi(しすにし) , 2019 All Rights Reserved.