おすすめのスマホ・PC・ガジェット情報を中心におとどけします

sysnishi(しすにし)

PC・モバイル・ガジェット

【高音質】完全ワイヤレスイヤホンの新定番!Qualcommチップ搭載モデルのおすすめ7選【ロングバッテリー】

【高音質】完全ワイヤレスイヤホンの新定番!Qualcommチップ搭載モデルのおすすめ7選【ロングバッテリー】

次々と新商品が発表される完全ワイヤレスイヤホン。

安いものから高いものまでさまざまな種類のモデルが登場していますよね。

もちろん自分の好きな製品を選べばいいのでしょうが、「でも・・・いったいどんなのを選べばいいの?

となってしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな中で、一つの基準が登場しました。

それが、Qualcomm製チップセットを搭載した完全ワイヤレスイヤホンかどうかです。

今回は、高音質・ロングバッテリーを実現するQualcomm製チップセットを搭載した完全ワイヤレスイヤホンをまとめてご紹介します!

Qualcommチップなら低遅延のaptXコーデックに対応していますよ!

 

Qualcomm製チップセットのメリット

Qualcomm製チップセットはそもそもこれまでも左右が有線で繋がっているワイヤレスイヤホンに採用されていました。

しかし、両耳が完全に分離している完全ワイヤレスイヤホンではあまり使われていなかったのです。

Qualcomm製チップセットであれば、Qualcommの技術を使ったbluetooth通信ができるようになります。

利用可能なQualcommの技術

  • aptXコーデック
  • TWS Plus

 

Qualcomm aptXコーデック

Qualcomm aptX

TWS:True Wireless Stereo

aptXコーデックはもはやおなじみとなっているAACやSBCよりも低遅延・高音質を実現するコーデックです。

特にAndroidスマホを使用している方にとってはこのaptXに対応しているかどうかは非常に重要。

aptXコーデックを使用するとバッテリー消費量が増えるため連続再生時間が短くなる点に注意。

 

Qualcomm TWS Plus

Qualcomm TrueWireless Stereo Plus

そして、TWS PlusはQualcommによる新たな完全ワイヤレスイヤホンの通信技術。

通常のTWSではスマホ本体と完全ワイヤレスイヤホンの親機と通信し、親機ともう片側(子機)とが通信するような直列的な通信です。

しかし、TWS Plusではスマホ本体が完全ワイヤレスイヤホンの両方とそれぞれ通信を行うので通信が安定し、しかも遅延が少なくなります。

TWS Plusを使用するにはスマホ側でも対応している必要があり、Snapdragon 845以降であれば対応しているとのこと。

Mi 9 SEのSnapdragon 712もMi 9TのSnapdragon730もTWS Plusに対応しています!
Mi 9 SEはトリプルレンズを搭載
Xiaomi Mi 9 SE|トリプルレンズ搭載・コスパ最高でスペックも十分。ソフトバンク・ワイモバイル系の方にピッタリの1台!

今回は、Xiaomi Mi 9シリーズのミドルハイレンジモデル「Xiaomi Mi 9 SE」をご紹介します。 Xiaomi Mi 9 SEはAntutuスコア18万前後のSnapdragon712を ...

続きを見る

Xiaomi Mi 9T|ポップアップカメラ/トリプルレンズ採用・Snapdragon 730搭載の良コスパスマホ!
Xiaomi Mi 9T|ポップアップカメラ/トリプルレンズ採用・Snapdragon 730搭載の良コスパスマホ!

今回はポップアップカメラで全面ディスプレイ化し、ミドルハイレンジの中でも上位モデルのSnapdragon 730を搭載するユーザのお財布に優しい良コスパスマホ「Xiaomi Mi 9T」をご紹介します ...

続きを見る

 

Qualcomm製チップセット搭載の完全ワイヤレスイヤホンは少々高めの価格設定

Qualcommの技術を利用するには同社のチップセットを搭載した完全ワイヤレスイヤホンを使うしかありません。

しかしながら、Qualcomm製チップセットを搭載した完全ワイヤレスイヤホンは少々お高めなのです。

Qualcomm製のチップセットを搭載していないワイヤレスイヤホンでも十分いい音を出してくれるものがあるので音質に強いこだわりがなければそちらを選びましょう。

Qualcommチップ非搭載でも十分いい音!

SOUNDPEATS TrueCapsuleレビュー|バイオセルロース振動板採用でクリアな音質の完全ワイヤレスイヤホン
SOUNDPEATS TrueCapsuleレビュー|バイオセルロース振動板採用でクリアな音質の完全ワイヤレスイヤホン

  こんにちは。コードをひっかける心配なく使える完全ワイヤレスイヤホンをすっかり愛用中、しすにし(@sysnishi)です。 気軽に使えるのがいいですよね! SOUNDPEATSから最新の完 ...

続きを見る

Soundcore Liberty Airはカナル型!
Anker Soundcore Liberty Airレビュー|完全ワイヤレスイヤホンの方が軽くて音質も良い、充電の手間も少ないって最高やん!

これまで完全ワイヤレス(左右分離型)イヤホンを探しては購入を検討し、そして結局は買わず・・・という日々を過ごしてきた私ですが、この度ついに完全ワイヤレスイヤホンの購入に至りました。 購入した商品はAn ...

続きを見る

 

Qualcomm製チップセット搭載のおすすめ完全ワイヤレスイヤホンはこれだ!

Qualcomm製のチップセットを搭載した完全ワイヤレスのおすすめ7選をご紹介します。

AVIOT TE-D01g

まず一番のおすすめとして候補にあがる機種が「AVIOT TE-D01g」です。

連続稼働時間7~10時間
ケース併用35~50時間
バッテリー容量本体:50mAh/片側
ケース:550mAh
SoCQCC 3020
防水性能IPX7
充電ポートUSB Type-C
充電時間約2時間

ようやくと言うべきか、充電ポートはUSB Type-Cになりました。

そして、防水性能はIPX7の最高クラス。

充電の持ちも素晴らしいです。

操作面ではイヤホン側面のボタンで曲の再生、送り・戻し、停止、ボリュームの調整が可能。

筐体が小さいとタッチ操作では誤動作が発生することもあるので、ボタンタイプなのはいいですね。

 

NUARL NT110

続いては「NUARL NT110」。

この製品は2019年7月下旬に発売を予定しています。

連続稼働時間6.5~9.5時間
ケース併用45.5~66.5時間
バッテリー容量本体:50mAh/片側
ケース:800mAh
SoCQCC 3020
防水性能IPX7
充電ポートUSB Type-C
充電時間約1.5時間

「AVIOT TE-D01g」に比べケースのバッテリー容量が800mAhと大きく、ケースを充電せず長く使用できるところがポイント。

他の基本性能は「AVIOT TE-D01g」と似通っており、素晴らしいスペックを備えています。

予定価格は「AVIOT TE-D01g」より高く1万円前後となっていますが、人気の出る機種になることは間違いないでしょう。

 

MAVIN Air-X

「MAVIN Air-X」は先ほど紹介した2機種とSoCが異なり、QCC 3026を搭載する機種です。

連続稼働時間7~10時間
ケース併用35~50時間
バッテリー容量(記載なし)
SoCQCC 3026
防水性能IPX5
充電ポートmicroUSB
充電時間約2時間

QCC 3020が全体的にフラットな特性を持つのに比べ、QCC 3026は重低音が強く出る特徴をもっています。

QCC 3026のほうがSoCとして上位にあたり、接続品質もより安定。

防水性能はIPX5と少々落ちますが十分です。

また、ケースの充電ポートはmicroUSBですが、これは販売時期の影響もありますので仕方のないところです。

 

Xiaomi 1MORE E1026BT

「Xiaomi 1MORE E1026BT」はXiaomiがOEM販売する完全ワイヤレスイヤホンです。

連続稼働時間5~6.5時間
ケース併用18.5~24時間
バッテリー容量本体:55mAh/片側
ケース:410mAh
SoCQCC 3020
防水性能耐汗程度
充電ポートmicroUSB
充電時間約2時間

とにかく安いところが魅力的ですが、海外からの購入というところをハードルに感じる人が多いかも。

また防水性能は耐汗程度ですので注意です。

Xiaomi 1MORE E1026BTは海外からの購入となってしまいますが8,000円を切った価格で購入できます。

GearBestではセールで6,000円ぐらいになったことも。

 

AVIOT TE-D01d

AVIOT TE-D01d」はAVIOTのQCC 3026チップ搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。

連続稼働時間6.5~9時間
ケース併用100時間以上
バッテリー容量本体:50mAh/片側
ケース:1,800mAh
SoCQCC 3026
防水性能IPX4
充電ポートmicroUSB
充電時間約2時間

ケースの大容量1,800mAhバッテリーが魅力的です。

一方、防水性能はIPX4と生活防水程度となっています。

 

NUARL NT01AX

NUARL NT01AX」はNUARLのQCC 3026チップ搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。

連続稼働時間7~10時間
ケース併用24.5~35時間
バッテリー容量(記載なし)
SoCQCC 3026
防水性能IPX4相当
充電ポートmicroUSB
充電時間約1.5時間

性能的にはAVIOT TE-D01dと似通っているところが多いですが、バッテリー容量が大きいわけでもなく、他の製品に比べると目立った特徴があるというわけではありません。

ただ、カラーリングの「マットブラック」はデザインがすごく気に入っています。

 

ZERO AUDIO TWZ-1000

最後にご紹介するのは「ZERO AUDIO TWZ-1000」です。

連続稼働時間5~7時間
ケース併用20~28時間
バッテリー容量(記載なし)
SoCQCC 3026
防水性能IPX5相当
充電ポートmicroUSB
充電時間約1.5時間

これまで紹介してきた製品に加える内容は少ないですが、他の製品同様素晴らしいスペックを備えており、チップもQCC 3026となっています。

IPX5の防水性能を誇っていますが、値段が少々張ってしまっており、これを買うなら「MAVIN Air-X」を買う方が良いかもしれません。

 

 

Qualcomm製チップセット搭載完全ワイヤレスイヤホンまとめ

今回は、高音質・ロングバッテリーを実現するQualcomm製チップセットを搭載した完全ワイヤレスイヤホン7点をまとめてご紹介しました。

それぞれの特徴ごとにまとめると以下のようになりますので、自分の要件・要望を満たす機種選びにお役立てください。

最後にボクの個人的なおすすめ2機種に絞っていますのでわけがわからなくなったらそちらから選んでみるのもアリかもしれません。

USB Type-C搭載の2機種は魅力的

個人的にはケースの充電ポートがUSB Type-Cになった以下2製品が非常に魅力的。

NUARL NT110は2019年7月下旬発売予定。

ポートがUSB Type-C!

  • AVIOT TE-D01g
  • NUARL NT110

 

価格の面ならこの3機種!

また、価格の面で行くとQCC 3020を搭載している以下の機種が比較的安いです。

価格で選ぶなら!

  • Xiaomi 1MORE E1026BT
  • AVIOT TE-D01g
  • NUARL NT110
ここでも登場する「AVIOT TE-D01g」。コスパの良さでいくとこの「AVIOT TE-D01g」が一番おすすめと言えるかもしれませんね。

 

より良い性能を求めるならこの4機種!

そして、より良いチップ「QCC 3026」を搭載した機種から選ぶなら以下の4製品から選ぶことになります。

値段がちょっと上がりますが、接続品質の安定感が魅力。

QCC 3026搭載!

  • MAVIN Air-X
  • AVIOT TE-D01d
  • NUARL NT01AX
  • ZERO AUDIO TWZ-1000

 

最終的に・・・個人的にはこの2機種がおすすめ!

個人的に候補を絞るなら以下の2機種となります。

個人的おすすめ2機種!

  • AVIOT TE-D01g
  • MAVIN Air-X

2機種は搭載チップがそれぞれ異なり、AVIOT TE-D01gはQCC 3020、MAVIN Air-XはQCC 3026です。

安定性を重視するならMAVIN Air-Xですが、値段が張るのがつらいところ。

一方、防水性能AVIOT TE-D01gに軍配があがり、IPX7の最高の性能を誇ります。(MAVIN Air-XはIPX5)

発売時期の違いからか、AVIOT TE-D01gUSB Type-Cに対応しているところも魅力的。

デザインの面でいくとMAVIN Air-Xの方が好みです。

両方とも物理ボタンなのでシールでカスタマイズできるし、価格を考慮して「AVIOT TE-D01g」かな・・・

 

この記事が納得のいく完全ワイヤレスイヤホン選びの参考となれば幸いです。

この記事もおすすめ!

OnePlus 7T|トリプルレンズ、30W超急速充電対応背面デザインも一新された2019年ベストバイスマホ! 1

  2019年9月26日にOnePlusシリーズのニューモデル『OnePlus 7T』が発表されました。 OnePlus 7TはOnePlus 7からカメラやバッテリー周りなど順当に進化を遂 ...

Xiaomi Mi Note 10|異次元の108MPカメラ搭載・全キャリア対応のおすすめスマホ! 2

いろいろなスマホの登場が続き追いきれなくなるくらい豊作続きのスマホたち。 ハイコスパの素晴らしい端末を提供するXiaomiからも新機種が登場し、11/6の20時からGearBestで独占販売開始してい ...

OnePlus 7|コスパ最強を維持しつつ高性能カメラ・UFS3.0高速ストレージなどOnePlus 6Tから着実に進化したスマホ! 3

OnePlusから新たにOnePlus 7シリーズが発表されました。 本シリーズではじめてOnePlus 7(無印)とOnePlus 7 Proの2種類のモデルが出ています。 コスパ維持のOnePlu ...

Xiaomi Mi Mix 3 4

お手頃価格で素晴らしい性能のスマホを提供するXiaomiから新型スマホ『Mi Mix 3』が発表されました。 前作の「Xiaomi Mi Mix 2」に引き続き、かなりの高コスパでとても魅力的な製品と ...

Oneplus 6T レビュー|コスパ最強で爆速顔認証・高品質カメラ搭載のサクサクスマホ【ドコモDSDS対応】 5

長らく使用していたスマホ「ZenFone 3」から乗り換え候補の厳選を重ね、ついに新スマホへ乗り換えました。 乗り換え先はOPPO傘下のスマートフォンメーカーOnePlusの「OnePlus 6T」。 ...

【Mi Band 3レビュー】Xiaomiのコスパ最高・バッテリー持ち最高、そして超便利なスマートウォッチが届いたよ!【20ドル台で買える】 6

みなさんはスマートウォッチはお持ちですか?腕時計は人によって趣味が分かれそうなところですよね。 かくいうボクも、ズボラな体質ゆえ、腕時計もメンテナンスフリーなソーラー電波タイプの腕時計を愛用していまし ...

7

OnePlus 6や6T、Mi Mix3のように現時点で最新・最高のCPU「Snapdragon 845」を積んでいる超サクサクなスマホがありますが、もちろんCPUの性能が高ければ、それに応じて価格は ...

-PC・モバイル・ガジェット

Copyright© sysnishi(しすにし) , 2019 All Rights Reserved.