おすすめのスマホ・PC・ガジェット情報を中心におとどけします

sysnishi(しすにし)

PC・モバイル・ガジェット

Xiaomi Mi 9 SE|トリプルレンズ搭載・コスパ最高でスペックも十分。ソフトバンク・ワイモバイル系の方にピッタリの1台!

  1. HOME >

Xiaomi Mi 9 SE|トリプルレンズ搭載・コスパ最高でスペックも十分。ソフトバンク・ワイモバイル系の方にピッタリの1台!

今回は、Xiaomi Mi 9シリーズのミドルハイレンジモデル「Xiaomi Mi 9 SE」をご紹介します。

Xiaomi Mi 9 SEはAntutuスコア18万前後のSnapdragon712を搭載し、メモリは6GBと、メイン機としてもサクサク動かせるスペックを有したスマホです。

トリプルレンズを搭載し、カメラをバンバン使う方にもおすすめの機種になっています。

価格も非常に安く、ソフトバンク・ワイモバイル系回線の人はぜひ候補に加えてほしい1台です!

6+64GBモデル

6+128GBモデル

 

ハイエンドモデル「Xiaomi Mi 9」はこちら

Xiaomi Mi 9|トリプルレンズの超優秀カメラ搭載・超急速充電対応のハイスペック・ハイコスパスマホ【ソフトバンク系格安SIM向け】

Xiaomiから通常のMiシリーズの最新機種『Mi 9』が発売されました。 Mi 8に比べ、CPUは最新世代、カメラはトリプルレンズ、Qiによる充電はより高速化などのパワーアップを果たしています。 対 ...

続きを見る

 

Xiaomi Mi 9 SEの主要スペック

Xiaomi Mi 9 SEの主要スペックは以下のとおりです。

OSAndroid 9.0
CPUSnapdragon 712
メモリ6GB
ディスプレイ5.97インチ 19.5:9 Full HD+ AMOLED
カメラメイン:48MP+ 8MP +13MP(トリプルレンズ
前面:20MP
内蔵ストレージ64/128GB
縦横サイズ147.5 x 70.5mm
厚さ7.5 mm
重量155g
カラバリオーシャンブルー/ラベンダーバイオレット/ピアノブラック
Wi-Fi11a/b/g/n/ac 2.4 & 5GHz
バッテリー容量3,070mAh 18W急速充電
ロック解除顔認証/ディスプレイ指紋認証
ポートUSB Type-C
防水無し
Bluetooth5.0
NFC
DSDS対応
対応バンドソフトバンク・ワイモバイル系に完全対応
ドコモはLTE B19が非対応
その他Qi非対応

Xiaomiの製品は特にカメラに力を入れているところが魅力的です。

全体的にしっかりとした作りで安心して使用できます。

ドコモのLTE B19に対応していないところだけがボクの求める条件と合わないのが残念なところ・・・。

6+64GBモデル

6+128GBモデル

 

Xiaomi Mi 9 SEの外観・付属品をチェック

続いてXiaomi Mi 9 SEの外観や付属品をチェックします。

小型な筐体に魅力がいっぱい詰まって最高です!

Mi 9 SEはトリプルレンズを搭載

Mi 9 SEはトリプルレンズを搭載

Xiaomi Mi 9 SE背面のメインカメラはトリプルレンズ構成。

メインモジュールはピクセルサイズ0.8 µm、解像度48MPのイメージセンサ『Sony IMX 586』を搭載しています。

このメインモジュールはOnePlus 7/7 Proと同じで、低ノイズで明るい画像の撮影が可能。

レンズはf/1.75の広角レンズを搭載。

他のモジュールは8MP・f/2.4のテレフォトレンズと13MP・f/2.4の超広角レンズとなっています。

 

インカメラは20MP

インカメラの解像度は20MP。

AIビューティー機能を搭載するなどセルフィー機能も充実しています。

 

Mi 9 SEはMi 9より小型で片手で操作がしやすい

Mi 9 SEはMi 9より小型で片手で操作がしやすい

Xiaomi Mi 9 SEはハイエンドモデルのMi 9と比較すると少し小型です。

片手で操作することを考えると、むしろMi 9が大きすぎるという人もいるかもしれません。

ベゼルがほとんどないため画面サイズは十分大きく、ほぼ6インチ

片手で操作がしやすく使いやすい機種です。

 

Mi 9 SEは流行のディスプレイ指紋認証を搭載し、もちろん顔認証にも対応

Mi 9 SEは流行のディスプレイ指紋認証を搭載し、もちろん顔認証にも対応

Xiaomi Mi 9 SEは最近のスマホに搭載されているディスプレイ指紋認証を実装しています。

もちろん顔認証も搭載し、ロック解除のストレスとは無縁です。

 

Mi 9 SEは水滴ノッチで画面が広く使える

Mi 9 SEは水滴ノッチで画面が広く使える

Xiaomi Mi 9 SEはMi 9と同様に水滴ノッチを採用しています。

全面をディスプレイ化するためにはMi Mix 3のようにスライドデザインにしたり、ポップアップフロントカメラを採用する必要がありますが、本モデルではノッチを極限まで少なくすることで対応。

顔認証や故障のことを考えるとボクはこの水滴ノッチスタイルの方が好みです。

ディスプレイに埋め込む方式が出てくるまでは水滴ノッチスタイルがベストな選択肢かもしれませんね。

 

Mi 9 SEの付属品

Xiaomi Mi 9 SEの付属品は以下のとおりです。

ケースが標準付属しているのがいいですよね。

カメラがどうしてもでっぱってしまうのでケースをつけたほうが精神衛生上おすすめ。

Mi 9 SEの付属品一覧

  • ケース
  • 18W急速充電アダプタ
  • USB Type-Cケーブル
  • Type-C - オーディオジャック変換アダプタ
  • SIMイジェクトピン
  • ユーザーガイド
  • 保証カード

6+64GBモデル

6+128GBモデル

 

Xiaomi Mi 9 SEの機能・性能をチェック

次は、機能面や性能面をチェックしていきます。

メイン機としても十分使える性能を持っているので、きっとこのスマホが欲しくなりますよ!

Mi 9 SEはミドルハイレンジのSnapdragon 712とメモリ6GBで普段使いにベスト

Mi 9 SEはミドルハイレンジのSnapdragon 712とメモリ6GBで普段使いにベスト

Xiaomi Mi 9 SEはCPUにSnapdragon 712を採用しています。

このCPUを搭載したのはMi 9 SEが初めてです。

 

Xiaomiが公式サイトで発表しているAntutuスコアは187,626普段使いに十分です。

Mi 9 SEのAntutuスコアは187,626

また、メモリは6GBで、アプリの切り替えをストレスなく行うのに十分な容量となっています。

最近のスマホはメモリ4GBでは足りなくなってきており、6GB以上のモデルがおすすめです。

 

Mi 9 SEはストレージ容量64GB/128GBが選択可能

Mi 9 SEのストレージ容量は64GBか128GBから選べます。

最近は写真が高画質化していますので写真をたくさん撮りたい人はぜひ128GBのモデルを選択しましょう。

Googleフォトを活用すると無制限に写真を保存することもできますよ!

 

3,070mAhのバッテリーとUSB PD準拠の18Wの急速充電でバッテリーはバッチリ

Xiaomi Mi 9 SEのバッテリー容量は3,070mAh。

小型の割にそこそこ大容量です。

GSM Arenaによるバッテリーテストの結果は73hで、バッテリー容量相応の結果を示しています。

Mi 9 SEのGSMArenaのバッテリーテストは73h

OnePlus 6の76hとほぼ同程度ですので1日十分にもってくれるでしょう。

また、USB PD準拠の急速充電に対応しているので、QC3.0に対応したモバイルバッテリーを利用すれば外出先でもサッと充電できますよ。

残念ながらXiaomiの推しであるワイヤレス充電Qiには対応していません。

 

Mi 9 SEはソフトバンク・ワイモバイル系の回線で使うのがおすすめ

Mi 9 SEの対応バンドは以下のとおりです。

Mi 9 SEの対応バンド

4GFDD-LTEB1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 20 / 28
TD-LTEB38 / 40
3GWCDMAB1 / 2 / 4 / 5 / 8

対応バンドからしてauは基本的に使用不可です。

ドコモはLTE B1・3には対応しているので基本的に困ることはないですが、プラチナバンドであるLTE B19に対応していないのがネックです。

一方ソフトバンク・ワイモバイル系のB1・8にはしっかり対応

ソフトバンク・ワイモバイル系の回線をお使いの方にはベストな選択肢の1つになると思います。

ソフトバンク系の格安SIMのおすすめはこちら

価格を比較!高コスパ中華スマホと相性バツグンのsoftbank系格安SIM

みなさんは格安SIMをつかっていますか? MMD研究所の2018年3月の調査によると、Y!mobileを含めて13.9%のユーザが格安SIMをメインで利用しているとのことです。 参考2018年3月格安 ...

続きを見る

 

Xiaomi Mi 9 SEの価格は非常にお求めやすいお値段!

Xiaomi Mi 9 SEは海外通販サイトで販売中です。

CPUをミドルハイレンジのモデルにしていることでお値段が非常に安く、コスパ最強と呼ぶにふさわしくなっています。

価格は3万円前後とお求めやすくなっており、セールなどにあわせての購入がおすすめですよ。

セール情報は随時お知らせします!

6+64GBモデル

6+128GBモデル

 

Xiaomi Mi 9 SEまとめ

Xiaomi Mi 9シリーズのミドルハイレンジモデル「Xiaomi Mi 9 SE」をご紹介しました。

ミドルハイレンジのCPU「Snapdragon 712」に6GBのメモリ搭載でメイン機としても十分使え、トリプルレンズカメラでカメラもきれいに撮れ、価格は3万円前後とコスパ最強と呼ぶにふさわしいスマホです。

ソフトバンク・ワイモバイル系のバンドでの使用に適しているため、同キャリア系の格安SIMとの使用がおすすめ。

ソフトバンク系の格安SIMのおすすめはこちら

価格を比較!高コスパ中華スマホと相性バツグンのsoftbank系格安SIM

みなさんは格安SIMをつかっていますか? MMD研究所の2018年3月の調査によると、Y!mobileを含めて13.9%のユーザが格安SIMをメインで利用しているとのことです。 参考2018年3月格安 ...

続きを見る

ベストなスマホをお求めのみなさまの参考になれば幸いです。

6+64GBモデル

6+128GBモデル

この記事もおすすめ!

OnePlus 7T|トリプルレンズ、30W超急速充電対応背面デザインも一新された2019年ベストバイスマホ! 1

  2019年9月26日にOnePlusシリーズのニューモデル『OnePlus 7T』が発表されました。 OnePlus 7TはOnePlus 7からカメラやバッテリー周りなど順当に進化を遂 ...

Xiaomi Mi Note 10|異次元の108MPカメラ搭載・全キャリア対応のおすすめスマホ! 2

いろいろなスマホの登場が続き追いきれなくなるくらい豊作続きのスマホたち。 ハイコスパの素晴らしい端末を提供するXiaomiからも新機種が登場し、11/6の20時からGearBestで独占販売開始してい ...

OnePlus 7|コスパ最強を維持しつつ高性能カメラ・UFS3.0高速ストレージなどOnePlus 6Tから着実に進化したスマホ! 3

OnePlusから新たにOnePlus 7シリーズが発表されました。 本シリーズではじめてOnePlus 7(無印)とOnePlus 7 Proの2種類のモデルが出ています。 コスパ維持のOnePlu ...

Xiaomi Mi Mix 3 4

お手頃価格で素晴らしい性能のスマホを提供するXiaomiから新型スマホ『Mi Mix 3』が発表されました。 前作の「Xiaomi Mi Mix 2」に引き続き、かなりの高コスパでとても魅力的な製品と ...

Oneplus 6T レビュー|コスパ最強で爆速顔認証・高品質カメラ搭載のサクサクスマホ【ドコモDSDS対応】 5

長らく使用していたスマホ「ZenFone 3」から乗り換え候補の厳選を重ね、ついに新スマホへ乗り換えました。 乗り換え先はOPPO傘下のスマートフォンメーカーOnePlusの「OnePlus 6T」。 ...

【Mi Band 3レビュー】Xiaomiのコスパ最高・バッテリー持ち最高、そして超便利なスマートウォッチが届いたよ!【20ドル台で買える】 6

みなさんはスマートウォッチはお持ちですか?腕時計は人によって趣味が分かれそうなところですよね。 かくいうボクも、ズボラな体質ゆえ、腕時計もメンテナンスフリーなソーラー電波タイプの腕時計を愛用していまし ...

7

OnePlus 6や6T、Mi Mix3のように現時点で最新・最高のCPU「Snapdragon 845」を積んでいる超サクサクなスマホがありますが、もちろんCPUの性能が高ければ、それに応じて価格は ...

-PC・モバイル・ガジェット

Copyright© sysnishi(しすにし) , 2019 All Rights Reserved.