PC・モバイル・ガジェット

Amazfit GTR Titanium Editionレビュー|Mi Bandと同等以上の機能と驚異的なバッテリー持ちでカッコよく日常生活をサポートするスマートウォッチ!

Amazfit GTR Titanium Editionレビュー|Mi Bandと同等以上の機能と驚異的なバッテリー持ちでカッコよく日常生活をサポートするスマートウォッチ!

Mi Band 4を愛用していたボクですが、いわゆる「スマートバンド」からビジネス用途にも使える時計型の「スマートウォッチ」を使うことにしました。

購入したのはMi Bandシリーズを製造している「Huami」が販売する「Amazfit GTR Titanium Edition」です。

元相棒のMi Band 4は現在は妻のもとへ。腕時計があまり好きじゃない妻が毎日つけていても全然気にならないぐらい生活の一部となっています。

Mi Band 4のレビュー記事はこちら!
Xiaomi Mi band 4レビュー|カラーディスプレイ・豊富なフェイスデザイン・音楽操作も可能になったスマートバンド!
【特価25.99ドル!】Xiaomi Mi band 4レビュー|カラーディスプレイ・豊富なフェイスデザイン・音楽操作も可能になったスマートバンド!

すっかりお気に入りで手放せなくなったスマートバンドの「Mi Band 3」ですが、バージョンアップした新製品が登場しました。 それが『Xiaomi Mi Band 4』です。 発表時からとても気になっ ...

続きを見る

というわけで今回は軽くてカッコよくてバッテリー持ちも最高、そしてMi Band 4と同等以上の機能を備えるスマートウォッチ「Amazfit GTR Titanium Edition」をご紹介します。

Gearbestならフラッシュセール199.99ドル

 

Amazfit GTR Titanium Editionの外観をチェック

見た目が気に入って購入したAmazfit GTR Titanium Edition。

まずは外観周りからチェックです。

他のAmazfit GTRシリーズと異なるベゼルを搭載

まずAmazfig GTRシリーズは47mmモデルと42mmモデルの2つに分けられますが、Titanium Edition47mmモデルとなります。

先日ご紹介したAmazfit GTR LiteもTitanium Editionと同じく47mmモデル。

Amazfit GTR Lite登場!|Mi Band 4と同等機能でビジネス・カジュアルも使いこなしたい方におすすめなスマートウォッチ!
Amazfit GTR Lite登場!|Mi Band 4と同等機能でビジネス・カジュアルも使いこなしたい方におすすめなスマートウォッチ!

Mi Bandシリーズ製造元のHuamiが販売するスマートウォッチシリーズ「Amazfit」の最新作『Amazfit GTR Lite 47mm』がGearBestで発売しました。 その名のとおりAm ...

続きを見る

小ぶりな42mmモデルはその分バッテリーの持ちが少なく(それでも12日間)、サイズ感的には女性向けの印象です。

Titanium Editionの胴回りは光沢が無く落ち着いたシルバーベゼルカーキカラーです。

注目すべきはベゼルデザイン。Titanium Editionは細かな目盛り5分ごとに数字が刻まれています。

チタン素材ももちろん気に入っていますが、他のエディションと異なったベゼルデザインもお気に入りです。

右がTitanium Edition

右がTitanium Edition

 

重さは本体38g、付属のバンド込で65gと軽量

Amazfit GTR Titanium Editionはバンド込みで65g

Amazfit GTR Titanium Editionの本体は38g

Amazfit GTR Titanium Editionの重さは本体が38g、付属のバンド込だと65gでした。

公式の値だと本体は40gのはずですが、まぁ誤差の範囲内でしょうか。

Mi Bandと比べるとそりゃ重くなってしまいますが、それでも一日気にせず着けていられる軽さです。

 

好みのウォッチフェイスが選べる

Mi Band 4でもさまざまなウォッチフェイスに変更可能ですが、大画面のAmazfit GTRシリーズならより映えるデザインが選べます。

デジタルの文字盤だけでなくアナログ的なクロノグラフの文字盤も充実。

気分やTPOにあわせて色々なデザインに切り替えて使うと楽しいです!

Amazfacesを組み合わせれば数えきれない種類のデザインが選べますよ。

参考Last week TOP - Amazfit GTRAmazFaces

 

Always On Displayで普通の時計のように使える

Amazfit GTRシリーズはMi Bandシリーズにはない常時点灯Always On Display)の機能を備えています。

Always On Display専用の文字盤デザインをデジタル・アナログ(ポインターと記載)から選ぶことができ、いつでも時間が表示されている状態で使用できるのです。

デザインが2種類しかないのがちょっと残念かな。

Always On Display(デジタル)

Always On Display(ポインター)

もちろん時間指定スマート指定常時点灯する時間帯の制御も可能。

多少バッテリー持ちが減ってもいいから常時点灯の機能が欲しい!」という人も多く注目の機能でしょう。

Gearbestならフラッシュセール199.99ドル

 

Amazfit GTR Titanium Editionの機能をチェック

見た目だけでなく機能も充実しているAmazfit GTRシリーズ。

Mi Bandと同等以上の機能を備えており、カッコいいデザインとあわせて日常生活を彩ってくれますよ。

Mi Fitとほぼ同等機能のAmazfitアプリで設定可能

Mi Fitとほぼ同等機能のAmazfitアプリで設定可能

Mi BandはMi Fitアプリからペアリングしますが、Amazfit GTRはAmazfitアプリでペアリングできます。

単純にMi Fitの追加デバイスの選択肢一覧に「Amazfit GTR」が存在しないためです。

ただし、実はMi FitアカウントとAmazfitアカウントは共通となっており、Mi FitアカウントでAmazfitアプリにログインできますし、その後Amazfit GTRを追加し再度Mi Fitを確認するとAmazfit GTRがマイデバイスの一覧に存在しています。

Mi FitアプリとAmazfitアプリのどちらを使っても自由ですし、違いはほとんどありません。

しかし、Mi Fitアプリからでは文字盤設定が変更できず、腕時計に表示されるアイテムの変更ができない(「PAI」のみ不可)など若干不完全な部分があるためボクはAmazfitアプリを使うことを推奨します。

 

Mi Bandのように通知やアクティビティ、睡眠をサポート

Mi Bandのように通知やアクティビティ、睡眠をサポート

Amazfit GTRは電話やLINEの通話やメッセージ、その他指定したアプリの着信時にブルブルふるえて教えてくれるように設定できます。

AndroidでLINE着信の設定はMi Bandと同様Mi Bandageを併用すればOK!

他にもアラームはリマインダー、座りすぎの通知や目標を達成したときの通知などさまざまです。

通知を見逃さない設定は非常に便利で大変助かっています。

さらに、アクティビティの記録や睡眠の記録・評価などヘルスケアの機能も充実。

特に睡眠の記録はMi Bandシリーズから夫婦でお気に入りの機能です。

 

20日以上の驚異のバッテリー持ち、充電しやすいコネクタ

Mi Band 4を使っていたボクがAmazfit GTRに乗り換えられた理由の一つがMi Band 4と変わらない驚異のバッテリー持ちです。

通常利用で20日以上充電不要で利用可能なのでズボラなボクでも使い続けられます。

また、充電時もラクラクで、Mi Band 4の場合はバンドから本体を外す必要がありましたがAmazfit GTRの場合はそれが不要。

腕から外してそのままマグネット式の充電コネクタを接続するだけで充電開始です。

Amazfit GTRはバンドを本体から外さず腕から外してそのままマグネット式の充電コネクタを接続するだけで充電開始

充電がめんどくさいという方もこれならきっと続けられると思いますよ。

Gearbestならフラッシュセール199.99ドル

 

Amazfit GTR Titanium Editionレビューまとめ

今回はMi Bandと同等以上の機能と驚異的なバッテリー持ちでカッコよく日常生活をサポートするスマートウォッチ、「Amazfit GTR Titanium Edition」についてレビューしました。

材質やベゼルデザインが他のAmazfit GTRシリーズと違っており、デジタル/アナログのさまざまなウォッチフェイスデザインを選んで気分やTPOに応じビジネスにもカジュアルにも姿を変えてくれます。

通知や睡眠サポートといった機能で最大限活用すれば日常生活に欠かせないアイテムとなること間違いなしです。

Gearbestならフラッシュセール199.99ドル

この記事もおすすめ!

OnePlus 7T|トリプルレンズ、30W超急速充電対応背面デザインも一新された2019年ベストバイスマホ! 1

  2019年9月26日にOnePlusシリーズのニューモデル『OnePlus 7T』が発表されました。 OnePlus 7TはOnePlus 7からカメラやバッテリー周りなど順当に進化を遂 ...

Xiaomi Mi Note 10|異次元の108MPカメラ搭載・全キャリア対応のおすすめスマホ! 2

ついにXiaomiが日本に進出しましたね! 今回は日本進出と合わせAmazonでも販売を開始したコスパ最強スマホ『Mi Note 10』をご紹介します。 今「どのスマホがおすすめ?」って聞かれたら真っ ...

OnePlus 7|コスパ最強を維持しつつ高性能カメラ・UFS3.0高速ストレージなどOnePlus 6Tから着実に進化したスマホ! 3

OnePlusから新たにOnePlus 7シリーズが発表されました。 本シリーズではじめてOnePlus 7(無印)とOnePlus 7 Proの2種類のモデルが出ています。 コスパ維持のOnePlu ...

Xiaomi Mi Mix 3 4

お手頃価格で素晴らしい性能のスマホを提供するXiaomiから新型スマホ『Mi Mix 3』が発表されました。 前作の「Xiaomi Mi Mix 2」に引き続き、かなりの高コスパでとても魅力的な製品と ...

Oneplus 6T レビュー|コスパ最強で爆速顔認証・高品質カメラ搭載のサクサクスマホ【ドコモDSDS対応】 5

長らく使用していたスマホ「ZenFone 3」から乗り換え候補の厳選を重ね、ついに新スマホへ乗り換えました。 乗り換え先はOPPO傘下のスマートフォンメーカーOnePlusの「OnePlus 6T」。 ...

【Mi Band 3レビュー】Xiaomiのコスパ最高・バッテリー持ち最高、そして超便利なスマートウォッチが届いたよ!【20ドル台で買える】 6

みなさんはスマートウォッチはお持ちですか?腕時計は人によって趣味が分かれそうなところですよね。 かくいうボクも、ズボラな体質ゆえ、腕時計もメンテナンスフリーなソーラー電波タイプの腕時計を愛用していまし ...

7

OnePlus 6や6T、Mi Mix3のように現時点で最新・最高のCPU「Snapdragon 845」を積んでいる超サクサクなスマホがありますが、もちろんCPUの性能が高ければ、それに応じて価格は ...

-PC・モバイル・ガジェット

© 2020 sysnishi(しすにし)